FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

自作三昧

2007.05.06 (Sun)
まだまだ生まれる気配が無いので夜長にラバージグを作成しております。

やっとこさ、人目に耐えられるものが出来つつあるんで作成行程を紹介しようかと。まあ、我流ですんでもし、『こうしたほうがいいよ』的なアドバイスがあればとても励みになりますし、『こういったものが見たい』的な欲望もむき出しでコメントしていただければ助かります。

まずはそろえた道具から
IMG_0023_050.jpg

左からバイス、ボビンホルダー 瞬間接着剤(新品+風邪ひいて引っ付かない奴)ラジオペンチ、切れないはさみたちです。

バイスはマックスのセール品(ワゴンに放置されてたのを拾い上げました)でボビンホルダーは安物です。しかし、最初はホルダー無しでやってたのに比べると巻きやすさは雲泥の差で今まで使ってなかったのを後悔しました。

接着剤はゼリー状のものがよいと思います。風邪をひいて引っ付かないのは論外としてチョビッとずつ使うのでなくなる気配が一向に無い・・・。
ラジオペンチは無くてもいいんですがガードの素材が思いのほか硬く、癖が付かないため、ラジペンで強引に曲げています。

ハサミはヨメの眉切り用のようですが紛失したことにしてこちらで身柄拘束しております。

IMG_0024_050+115.jpg

こんな感じで分別(?)しています
IMG_0027_050.jpg

ラバジ用、スピナベ用のラバーです。

原材料たちです。
元となるジグヘッドは安めのデコイのプラスマジックの0.6gと0.9gと1.4gを選択。ゆくゆくはメバルのフロートリグ用のゼロヘッドでもラバージグを作ってみたい。

ラバーは最初結構高いファインラバー(細い奴)を使ってましたが安物のぶっとい奴のほうが雰囲気が出ます。今は混ぜて使っています。

では作成手順

IMG_0029_050+sss.jpg

1、まず、左上の写真のようにガードをくっつけます。接着剤を開けたての頃は接着できてましたが時間がたつにつれ安物の瞬間接着剤は瞬間接着力が激減するため、スレッドで軽く補助します。

2、乾燥させます。いきなりラバーを巻いてもいいんですが巻いてる途中で瞬間接着力がMAXになり、指ごとラバージグになってしまうのでここはガマン。

3、貧乏なんでラバーは2つ折にして使用。どうせ切ってしまうんでこっちのほうが経済的です。スレッドを巻き、瞬間接着剤をほんのわずか垂らす(というよりチョッとだけ付ける)上半分のラバーを巻くイメージです。

4、ここでも乾燥行程をいれ(2、の理由から)下半分も同様に巻きます。あんまり多くラバーを巻き過ぎるとハンハンっぽくなくなるんで少ないかな、って思うぐらいが良いみたい。

5、ヘッドのほうのラバーを切って出来上がりです。
最初、コストが意外にかかるといってましたけどラバー節約できるんでラバー1パッケージからとてつもなく多く作成できるんでかなり今は安く上がってるはずです。
IMG_0009_050.jpg

ラバーの切り方、そろえ方、色なんかで釣果に差が出ると思うと眠れません。遠足前の子供の気分でオッサンが夜にラバー巻いてます。

自作で釣れれば嬉しさ倍増でしょう。まだまだ上手ではありませんがコツを掴んでハンハンやケムケムみたいなモノ目指してがんばりたい。

ヨメに白い目で見られながらも今日もコツコツラバーを巻く…
スポンサーサイト



さらにさらに

2007.05.06 (Sun)
さらに調子にのって

メバリングから立ちこみのシーバス、果てはキス・カレイの投げ釣りまでやっちゃうdoggさんのページ

PARADOGS
http://maido.seesaa.net/

結構いっつもおもろネタで笑わしてくれますがウデはピカイチです。

doggさん、ゲリラ的にリンクしちゃってスミマセン・・・

 | HOME |