FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

闘病生活~5日目~

2008.07.28 (Mon)
 昨日、チビの点滴のコードが取れたのはブログでも書いたのですがまだ穴は残っていてアダプターみたいなのは着けられてたんやけど本日、穴が塞がってしまったとのことで完全に添え木も変なアダプターも取ってもらいました。

 昨日まで右手が不自由(左の指を寝るときに吸う為、看護婦さんが配慮してくれた)だったので添え木が外れても左でスプーンなどを持ちに行こうとするが右も使えるのが分かると早速右手でスプーン、フォークを持って『マンマ、マンマ』とやかましいです。もうちょっと繋いでもろといたらよかったかな?

 昨日、ウ〇チも出たので快調らしく、朝から結構食事をしたそうで。まあ、元気になって何より。


 朝のうちから点滴の管を取ってもらったのと、血液検査。血液検査では久しぶりに大泣きさせられてました。結構看護婦さんとか残酷なことするなあ、って後ろから見てたんやけど大勢を相手にしてたら一人の子にかまってられへんので仕方ないな。大泣きの血液検査後は靴下はかせて部屋の中を散歩させてました。添え木がなくなってバランスもとりやすいのか、体力も回復してきたのか、ずいぶん歩けるようになってました。ただ、子供なりにストレスが溜まってるのか、モノを投げることを良くするのでケアが必要かと思いましたね。

 午後からは心臓エコー検査と心電図でコレは眠ってないと出来ないので眠り薬を飲まされ(ウーン、コレも大泣きでした。)3時からコテン。何の苦労も無く心電図、エコーが終わり先ほど結果を聞かせてもらったら『結構良好』らしい。血液中の成分でまだ高い数値があるのだがとにかくヤバイ数値(後遺症が残る可能性のある数値)が先に下がってくれてるのであとは経過観察で明日から病院内のプレールームにもいけるのでは?とのこと。

 ただ、川崎病はいったん症状が収まってからブリ返すことも多く、油断は出来ないのでもうしばらくかかります。ま、コチラが見てられんような治療は今後はないと思います、とのことで一安心。

オリンピックが家でみられる可能性も出てきました。

病院に付き添いでいると日にちと時間の感覚がないのとお金を全く使わないので金銭感覚が鈍っているといけないので今日当たり、マックスのセールにでも行こうかな、っと。

スポンサーサイト



 | HOME |