FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

傾斜ガイドの効果は果たして・・・

2008.11.06 (Thu)
 最近の高級モデルの竿に必ず装備されているFujiのIMガイド(傾斜ガイド)がめっちゃ気になってます。

 なんせ、相当竿への糸がらみが少ないらしく、使いやすいのだとか。ルアーや投げ竿でローライダーガイドが出始めた頃は、『低いガイドなんて…』と思っていましたがいざ使うとなかなかコレで高性能なんですよね。投げやルアーのラインはPEライン全盛期ですので絡みにくいガイドはとてもアドバンテージがある、とは言いつつ、投げ竿はいまだにチタンのハイスピンダーガイドなんですけど(笑)

 磯フカセの場合は釣りの特性上、ナイロンを使うことがまだまだ多いので竿先への糸絡みは多少は気になりますけどPEと比べれば扱いやすいです。ただ、糸のくせなどから一度絡みだすと何回も穂先に絡んで時間のロスですのでIMガイドへの交換を視野に入れいろいろな人に聞いて回ってる、ってのが現状ですね。

 ある人は全部換えな効果なし、っていうしある人は穂先の5番まで換えれば十分効果が出る、って言うしまちまちですね。全部換えたら15000円ぐらい取られるので考えどころですね。もう少し使い込んでIMガイド標準装備の竿を買うか今から全交換、または部分交換か。
 部分交換の線が一番濃厚なんですが竿先だけガイドが違うってのは多分気に入らん性格なんで(笑)全部換えてしまうのかな…。また散財や。
 一番ええのはダイコーでそこそこの竿にIMガイドが標準で付くこと。今のラインナップで最上級のモデルの『ロイヤルサリュート』にはIMガイド標準なんですがべらぼうに高い竿なんで手が出ませんし出たとしても家庭不和を招いてしまいます。

 ん、なんでロッドはダイコーにこだわるかって?またおいおいコレについては説明していくとします。釣りを再開したときのある方のアドバイスを忠実に守ってるんですよね。あと、あんまり誰も使ってない竿ってちょっとカッコイイ、って思いません?え、自己満足?コレぐらいはいいでしょう?
 
スポンサーサイト



 | HOME |