FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

LOVE♪~江須崎の続き

2009.06.28 (Sun)
 昨日は疲れは果ててましたので釣果のみのアップとなりました。なかなか反響は良いんですけどグレよりも、となりのババチンに行ってたみたい・・・みんな、興味あるやろな。実は今日もう食べました。レビューはまた後日ということで。

 何はともあれ、釣行記を書かなくてはいけないので今日はそれに集中します。

 27日土曜日、以前からの約束であやねパパさんhttp://plaza.rakuten.co.jp/ayanepapafishing/と江須崎へ磯釣り最終戦。この日のためにどんなけ頑張ったことか。涙ぐましい努力抜きにしてこの釣行はありえませんでした。

 朝1時に家を出ていつものTポートで自分の分とパパさんの分のエサを激しく購入し一路江須崎へ。出船が夜明けの5時ごろと早くなってるので焦る。Tポートを出たのが2時ちょっと前で到着がナビによると4時半になってたのでなんかあったらヤバイな・・・と思ってましたけど途中、いつものワープゾーンを通ったらしく、4時過ぎには港に到着しました。いつも思うんやけどなんで早く着くんやろ。そんなにスピードも出してないのにな・・・
 
 まあ、そんなことはどうでも良くてしばらくするとパパさんも到着、重いエサを早めに手放す。Tポートはエサが安いので助かるな。ボイルでもブロックからサシエもちゃーんと取れるしな。この日は波は無く、風も無く穏やかでちょっと拍子抜け。渡船の客も本番ほど多くないのでデッドヒートも無いし。磯取り合戦はあるときは『もっとやさしく操船せいや・・・』って思いますけど無いとさびしいものですな。
 そうこうしてるうちに磯に到着、なんと

ソビエト連邦では?


 そうです、ソビエトです。江須崎では一の島と並んで一応1級磯と呼ばれています。客が少ないので事前にパパさんが行ってくれてた模様。おー、ここで釣らな、釣るときないで。上物はボクら2人だけ、あと底物の人が2人一緒にソビエトへ降りました。
 今日はこの間買ったサリュートは置いてきました。事前情報では大きくても40センチまで、と聞いてたんでA-1でまだまだ大丈夫だろうと。あと、巨大ババちんが江須崎には居るのでババ竿になったら困るので置いてきました。
 竿1.25号ハリス道糸2号ハリは競技グレの7号スタート。朝のうちは流れが有りそうだったのでG5うきに5号、8号のシズを打ちました。んで釣行開始。エサをパラッと撒くと・・・

うじゃ~

 チョウチョ、阪神(ホームカラー、ビジターカラーとも)などが群がります。数はものすごいですが比較的動きは遅いのでアジサバタカベ何かに比べて釣る気がおきます。しかも下になにやらグレとおぼしき生き物とババとおぼしき生き物がマキエを拾ってます。潮も早くなく、タルく無くちょうど良い感じに下ってます。


 ん~、テンション上がるな~


 とパパさんと話してると横でバチバチ~。お、パパさん竿曲げてるやん。いきなり30無いぐらいの尾長見せられました。ウーン、悔しいけどコレは今日は爆釣かも。心の中で思ってるとこっちのウキもシュイーンと。
 どりゃ~っと合わせたら乗りました。大きくないみたいですけど、気持ちイイ。ええなあ、江須崎は・・・と思ってたら魚が見えてきてなんか白いな・・・しかもひし形やし・・・抜き上げたらやっぱり

ジャイアントババでした、アポ。


 大きさはジャイアントちゃうけど・・・さっさとお帰りいただくときに恒例のババしていきやがった。釣り場が臭くてかなわないので早速磯掃除です。はぁ~、何しにきてんねやろ、オレ。その後もちょくちょく2人でアタリがありますがなぜか、パパさんはオナガばかり。ボクはババチンしか釣れません。何で・・・
 やばいなあ、南紀まで来てババばっかりやと今度から磯釣り禁止令でるわ。何とかオナガを釣ろうとするもええアタリもすべてババ。こんなにきれいに差が出るのは絶対おかしいので途中、マキエの入れ方を盗み見たりしてたらあることに気付く。

 仕掛を流してる(流せてる)時間がボクより長い・・・
 


 この差はなんやろ~、っ思ってました。この日はエサ取りが多いのか、あたりも無くエサが掠め取られてるのが多く、1投の時間が異常に短いのに対し、パパさんは結構長い。で、エサを取られてる場合でもわかってる感じ。思い切って聞いてみました。

 〇〇〇〇が違うねん

 意外な答えでしたけどこの一言はこの日の釣りを変えましたね。ありがとうございます、パパさん。精進します。でパパさんの言ったとおりに流してると竿がひったくられるアタリが!










 ババやーん(泣)



 しかし、今までのアタリの出方と明らかに違います。コレは何かひらめいたかも。ババでも練習になるんで、とうれしい言葉も掛けてもらい時合が来るのを待ちます。ババチンのほうはなかなかジャイアント。南紀の人は旨いゆうて持って帰る人がおるらしいから前回のサンコーチャレンジに続きババチンチャレンジすることに。そこから3レンチャンババタレだったので一族5人分(下のチビは食べられませんので)お持ち帰り。クーラーがババだらけになってたのでティッシュでぬぐいました(泣)

 そうこうしてるうちに裏の底物士がでかい石垣と石鯛を上げてます。やっぱ、今日は何かある。が、今は潮がタルいのでもう一人の底物の人としゃべってたら


 『兄ちゃんら、沖のソビエト行ったら?今日やったら乗れるで』

 
 大阪の堺から来た人らしいですが完全人事です。沖のソビエトはこんなん



 おい、殺す気か!完全に飲まれてるや無いかい。めっちゃいいらしいけど死にたくないのでパパさんとこのままソビエトで粘ることに。死にたくないといえば後ろの磯の人も




 モトブト、っていう磯かな。波が駆け上がって来てます。みてるだけで((;゚Д゚)ガクガクブルブルです。南紀なんでたまに大きなウネリがありますがソビエト連邦は頑丈でビクともしません。いいところに乗せてもらったのになあ・・・弁当でも喰って鋭気を養います。

 ちょっと潮が来だしたので頑張って流してるとバチバチ~、道糸が指を弾いて出て行きます。コレはさっきまでのババとは違うわ。

 


 どりゃー、っとタモを使わず抜き上げ、30無いぐらいですが非常にうれしい1匹。パパさんのアドバイスが効いたなあ。オナガの30センチは初ですので記録魚ですね。後ろでパパさんもものすごい弾き音をだして踏ん張ってますが5レンチャンぐらいハリスぶち切られてました。聞けば3号を切って行ってるんだとか。ハリ10号、ハリス3号、ものすごい世界です。今までのボクの磯の知識では考えられません。
でもコチラも負けじと魚をそろえますがちょっと気を抜くとすぐにハリを呑まれてハリス即死です。ネムリの8号までしか持ってなかったので8号で臨むと取れますが喰いが収まってくると極端にエサを喰ってこなくなるので5号に落して呑むほど活性が上がってきたら8号・・・

 繰り返して繰り返してどんどんクーラーに魚を放り込んで行きます。

 うーんめっちゃ楽しいやん。


 釣れなくなってもマキエの下にはジャイアントサイズのババや多分グレも一緒になってうろうろしてるので飽きません。そして釣れ出したら2人いっせいに掛かったり、潮の動きに敏感に反応してるんやな、って言う勉強も。

 ちょっと空時間に見老津方向



 シオバという磯



 凪で風無く、波も穏やか、晴天でなく、ドンヨリでも無い、暑くも無く(ちょっと暑かったですけど)寒くも無くホンマにええ日でした。まあ、釣れたからでしょうけど(爆)
 結局、19時の延長までやって5時~19時の耐久磯釣りは幕を閉じました。14時間も磯の上におるなんて、なんて釣り好きなんや。でもおもろいからええか。2人でだいぶん釣りましたよ。ボクはオナガばっかりで30センチ前後の4枚とハリ呑みのコッパ(25センチぐらいはありますけど)の計6匹お持ち帰り。





 ええ土産が出来ました。となりの堺の底物士も石垣2枚上げてましたのでソビエトで計4枚上がった事になります。エエ物見させてもらいましたわ。
 帰りの道もそう混んでなく22時には家に着いてました。そこで片付けとババだけ処理を・・・部屋中くっさかったです(笑)

 コレで一応、グレは最終戦ということで。7月8月9月はお休みで開幕戦はどこにしようかな、って江須崎になるんちゃうかな~(笑)、って2人で話ながら帰ってきました。

 疲れもぶっ飛ぶ釣果でホンマに楽しかった・・・後はあのパパさんのものすごいバチバチ出来る様に練習するだけやな。体得できるやろか。あのバチバチ音はホントにアドレナリン出まくります。だって偏光レンズが汗で一瞬で曇りましたから(爆)

 今回は1.25号のA-1でまだまだ余裕もありました。もうちょっと大きいぐらいまでなら何とかなるかな、ってサリュートの出番ってホンマに紀東しかないやん。まあ、冬の特大クチブトでデビューさすかな。
スポンサーサイト



 | HOME |