FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

夜釣り~千畳敷~続き

2009.08.31 (Mon)
 8月25日の晩、磯釣りの師匠でもあるミスターGのお誘いの元、初の地磯の夜釣りに行くことに。ターゲットはイサギ。皆さんのHPを拝見してめちゃくちゃ旨そうなので食ってみたいと言うワタクシの無理を聞いてくれました。

 チビを寝かしつけて12時ごろ家を出発。途中、Tポートでボイル3キロとアミエビ2キロを購入するがボイルが解けてない…まあ、1時間も早く行ったのだから仕方ないか…ほぼカチカチのままバッカンに放り込んでいざ、白浜へ。以前は白浜と聞くと『遠い』イメージでしたが最近は高速道路も伸びたせいもあり、『意外と近い』へ。病気ですな(笑)

 千畳敷の駐車場でミスターGと合流。そのまま下の磯へ。観光地だけあって足場はよく、夜釣りでも平気やし、何しろ駐車場から近いので楽チンです。この日は潮があんまりだったせいか、人は少ない模様。いいところに陣取らせてもらっていざ開始。竿は夜釣り用のダイコーFF龍刀1.75号-5.3mに道糸4号、ハリス3号にハリはあわせ尾長9号と引っ張り合いでも十分勝負できる仕様。
 エサが凍っているので(泣)カリカリとシャクでこすりながらマキエします。最初はミスターの配合入りマキエに群がったりしてました。その内、マキエが効いてきたのがモゾモゾとアタリが。ウキがピク、っと沈んだのであわせるとハタンポでした。最近旨いと評判なのでいっぺん喰ってみます。キープです。鬼です(笑)その後もハタンポ→ゴンズイ→ハタンポと交互に釣れます。ミスターもさすがGの称号を得るだけあってゴンズイパニック中です(笑)

 しばらくして潮が動かなくなってから、フッっと潮が動き始めた時に良いアタリ!思いっきり合わせたら

乗った~!!


 最初は重いだけで全然走らんかったのに底を切ってから猛然と足元に突っ込んで来たり、左右に走ったりと忙しい相手です。でもタックルに自信があったのでそのままゴリ巻き。と、竿が跳ね上がります。




 OH-!ハリ、割れてるし~


 no~、です。ハリ割るか…コレで一気にテンションが上がったので高価なハリですががまのTKO投入。コレで…と思ってたらまた、ゴン→ハタンポのループ。ゴンのたびにTKOがノックアウトしていくのでまた安価な層グレや短グレに変更です。(←これらも決して安いハリでは無いのですが…)

 しばらくしてまた良い感じに潮が沖に払って行きます。流して流して
ドスーン!乗った~!

 コレは軽く上がってきましたがなかなか重量感が。エイや、っと抜きます。ドサ、っと良い音。急いで獲物を見に行く浅ましい3〇歳。そこで

 つる~っと。

 転んでしもた~。幸い怪我は無かったが竿が変な音。それにコレも




 高い電輝円錐が…分解…

 ま、ショックはさておき、先ほどの獲物はオジサン、煮たら旨いのでコレはキープ。釣りを続けます。ココまでイサギのイ、の字もありません。ミスターもGとハタンポに苦戦中。またもや足元のサラシと沖に出て行く潮が良い感じ♪手前から仕掛を入れてあわせます。ウキがシュー、っと海中へ。見えなくなったところで
 
 どりゃー、ゴツーン!乗った~!

 バッキーン!!

 ん、何の音?




 no~、折れてる~(泣)先ほどの転倒で傷が付いていた模様。しかも魚掛かったままやし…とにかく仕掛を信じてゴリ巻きでハリスを掴んでどりゃーっと抜き上げます。ドサー、っとまた良い音。獲物、獲物…




 正体はコイツ。多分ヘダイです。48センチありました。最初の重量感、底を切ってからのダッシュといい、一番初めにハリを飛ばされたものにそっくりだったのでコレだと思っておきます。


 その後、夜明けの一発に期待しましたがコッパや熱帯魚が沸いて来たのでお開きにしました。結局、本命には会えなかったけど面白かったですね。良い場所を教えてもらったものです。

 


 釣果はそこそこでしたけど被害が…また釣り保険で直そか…
スポンサーサイト



 | HOME |