FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

日本海(舞鶴)デビュー戦?

2010.07.03 (Sat)
 待ちに待った釣り、しかも舞鶴デビューです。前日から準備は万端、暑さ対策の飲み物もしこたまクーラーにぶち込んでいざ出発。

 途中の釣具屋(釣太郎)でサク次郎さんと合流しエサを混ぜます。勝手知ったる釣具屋?なのでエサ予約も簡単でしたし、フネがあることも知ってましたので事前にエサ混ぜも完了し釣りに備えます。

 港について今日お世話になる渡船をパチリ

 

 ピンボケですが何か見たことがあるような無いような…

 若船頭に挨拶し船に乗り込みいざ磯へ。今日はどこに上がれるのか、と思ってたら港から割合近い磯でした。

 

 ウネリがあるのでちょっと荒れちゃってます。船頭さんが親切に教えてくれました。

 ロワタシって言う磯です。

 は?ロワタシ?ちょっと前から気づいてる方もいたと思いますが舞鶴は

 竜巻注意報&雷注意報で船が出ないという事前情報

 で、行けず!なんという悪天候・・・しかも天気予報では波風ともほぼ無しの予報やったのに。自分の雨男ぶりにあきれます。事前にサク次郎さんから連絡を受けていなければ間違いなく舞鶴に出発していましたのでナイスアシストです。

 で、ココは市江、サク次郎さんが以前に夜釣でタマミをぶち上げた渡船屋さんです。荷物を運んでくれるポーターさんもいますし、なんせ船頭さんが親切。タナや深さ、ポイントをマイクで教えてくれます。しかも磯に上がるタイミングなど適切に支持してくれるので初めてでも不安なく渡礁できます。

 釣りはというと、海は荒れてはいますが釣りができないほどではなく、潮が動いてればいい感じっぽかったので今日は貰ったな、と思いました。サク次郎さんに先端に入ってもらって私はお得意の船付から始めます。

 

 下りの潮があれば旨く流せそうなんですが朝からはあまり動いてない+地方からの押し返しの潮がきつくて思い通りのところに流せません。エサ取りはシラコダイ、チョウチョと比較的足が遅い奴らなので分断は簡単でしたが知らない間にエサは取られます。見えませんけどコッパが沸いてるんでしょう。しっかし上手いことエサだけ取っていきます。

 何やかんや工夫して流しますが釣れるのはコッパ、チョウチョなどですし、しばらくすると南からのウネリと大雨で釣り続行不能に・・・

 

 

 

 厳しいなあ・・・波はそんなに気にならないですがどうしても被ってしまうしそれより雨で心がくじけます。後で聞いたら大雨警報が出てたみたいです。なんという、悪天候・・・

 雨で2人ともやる気喪失状態でしたので、弁当船で磯替わり希望、雨はマシになるみたいなので波の影響を受け難いところに上げてもらいました。

 ハシカケのダンナバって言う磯です。


 ああ、コレが有名なハシカケですね。ハシカケのほうは波をもろに被ってましたので((;゚Д゚)ガクガクブルブル今日は橋はなしです。とりあえず温かいうちに弁当を食べて2人で鋭気を養い昼からの下げに期待します。

 ちょっと奥まったところですのでダンナバのほうは波が静かですが外側にあるハシカケ、クロシマはえげつないことになってます。東映です(笑)しばらくして高場のサク次郎さんがえらい竿を曲げてます。底を這いずり回るような引きだったので巨大サンノジ巨大尾長かも知れませんが根ズレでプチ。コチラもテンションがあがりますが一向に魚からのシグナルがなく、エサだけ取られます。そこで以前の江須崎パラダイスのあやねパパ釣法を思い出しました(遅っ)今までは荒れてることもあって3Bでズドーンと落としてたんですが0αにウキ止め無しで仕掛けを流れに入れてピンピンに張って流します。コレが正解。ピンピンに張った糸から竿まで来るあのアタリ

 バチバチ~

 よっしゃ~。この暴力的は引きは間違いなく

 

 OH-!MY GOD!!

グレの偽者でした。ババ垂れてるしすぐに放流、水でババ浄化し次に備えます。ババチンが釣れるということはあながち間違ってないんじゃないか・・・コレは貰ったかも。

 と、横でサクさん、また曲げてます。今度はさっきよりやや引きが弱いですが結構タフマンです。浮いてきたのは口のちょんがったグレ偽者。コチラに誘導してもらってタモで掬ってあげました。ワタクシ、釣るのは上手じゃないですが人のを良く掬うので掬うのは上達してきた気が・・・

 

 潮が強烈にアテてきたのでサク次郎さん、反対側に旅立ったのを見計らって今までエサの入っていた場所を狙います。ココまでキープできるような魚が無かったのでコッパでも干物用に持って帰ろうと20センチぐらいのはガンガンキープします。入れ替えながら大き目の奴を10枚ほど持って帰ろうと。鬼の形相です(笑)

 

 結局、一番マシなので27センチ、なかなか厳しい釣りでしたが久々にピンピンに仕掛けを張る釣りを思い出せたのが何よりの釣果でした。コレを思い出してなかったらコッパすら満足に釣れなかったでしょう。それにしてもコッパも喰いが渋かったように思います。ハリ飲んでるのは皆無でしたし、27センチもバチバチなる前に糸を止めれたのでまだまだ元気が足りないと喝を入れてきました(笑)

 市江の吉丸渡船、いいですねえ。乗った磯もそんなに足場が厳しいところも無さそうで船頭さんがなにより親切、人気が出るはずです。この辺で気軽に行ける渡船屋を探してたんでココに決めようかと思います。坂田、鹿島、市江、江須崎といい感じに選べるところが出来ました。休みの加減で釣行のたびにどこに行こうか迷いそうです。ありがとうございました。

 サク次郎さんも急な場所変更やエサ屋のおばちゃんとのエサ予約対決でご心労(?)をおかけしましたがありがとうございました。帰り、300KMぐらいあると聞いて若干、罪悪感も感じながらワタクシ、帰路に着きました。無事に帰れたようでなによりでしたね。また懲りずに日本海へ行きましょうね。

 今回、最終兵器も持ち込んだのですが活躍できずでした。

 

(笑)
スポンサーサイト



 | HOME |