FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

まあまあでした

2010.09.23 (Thu)
 23日、あの天気予報で和歌山に釣りに。我ながら見上げた根性です。朝出発の段階で雨が降ってたら辞めようと言い聞かせてましたが残念ながら出発時に雨は降っておらず、GO!

 Tポートでエサを仕入れます。いつものゴカイセット”C”石ゴカイ、チロリが入って500円、助かります。Tポートにもマックスにもワタクシと同じように釣りに行く客がいてました。皆さん、好きですねえ。今日は一応、一日釣り行って良し、許可が下りているので普段は行けないポイントに入ることに。みなべの岩代か御坊の浜ノ瀬が候補でしたが岩代は荒れていると予想し煙樹の浜ノ瀬に行くことに。

 浜ノ瀬、到着、オイヤンが暗い中、空を見上げています。漁師のようです。声をかけてみると「風、きつなるけどワンコやったらできるんちゃうか」「真っ黒の雲出てきたらすぐ辞めや」のアドバイスを頂き開始。ココは現在、雨は降っていませんが南の空は雷の稲光でピカピカ

 

 いつもなら暗いうちに準備して見えるようになったら投げ開始しているのですが今日は稲光が気持ち悪いので完全に明けてから開始、幸い夜が明けるころには雷は東のほうに抜けていったようです。オイヤンのアドバイス通り、ワンコの中に投擲、ズルズル引きますがアタリが無い・・・やっと30mぐらいのところで明確なアタリがあったと思ったのですが

 

 ココはコレが多いですねえ・・・しかも特大です。プライヤを持ってないのでエダスを切って放流、キスはどこやねん・・・こんな天気ですが波は穏やかなので波口狙いで斜め引きすると、ここに居ましたねえ。20センチほどの良型2連、次も同じように通しますが大き目の群れはある一定の場所にしか居ないらしくすぐにピンが掛かります。親指サイズなのでハリ飲み以外はすべてリリースして行きます。そこで釣れているのを後ろから見ていた別のオイヤン、寄ってきて声をかけられます。どうやら他人が釣れてればやるというような魂胆らしいです。仕掛けはここいらでよくあるオキアミでのウキ釣り、確かに力糸の範囲で群れているのでコレぐらいのライトタックルのほうが効率がいいのかも。

 

 で、オイヤン、一人ならまだしも仲間を呼んでいるようです。ドラクエのマドハンドを思い出したわ(笑)斜め引きで釣れているのを見ていたので嫌な予感はしましたが案の定、いいポイントを何人かで占領、仕方無しにワンコの外側に移動しますが外は煙樹特有のゴロタ&激カケアガリで引き釣りできるような感じじゃない・・・で、思い切って移動することに。以前から行ってみたかった産湯に。

 

 人っ子一人居ません・‥足元にキスが泳いでいるのが見えたので期待できるかな、と思いましたが神経痛みたいなピリピリしたアタリでエンピツサイズ。

 

 こりゃ、煙樹で頑張ってた方が良かったかな・・・その後もキープできるような魚は釣れずで8時30分、納竿。納竿時にオイヤンの言ってた黒い雲が・・・
 
 

 見るだけで怖いですねえ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

 この雲が出てすぐに阿尾の漁港から渡船がガンガン出ていましたので撤収なんでしょうな。黒い雲が頭上を越えてから、もう嵐でしたよ。風は竜巻のように舞うし雨も本当に横から来てました。幸い、車の中で観察してましたが恐ろしいですね。

 

 煙樹で頑張ったので晩のオカズはキープできました。いつものようにてんぷらになり、ビールが旨い、暑くなくてもいつでもビールは旨いですねえ。秋のキス釣り、まだまだアツいかもしれませんね。型も良くなっているようでしたよ。
 
スポンサーサイト



 | HOME |