FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

こんなはずでは・・・

2011.10.01 (Sat)
 9月29日、最後に残ってた夏休みを消化すべく、晴天の(はずの)市江に。前日の晩に連絡したら「出ますよ~」だったので安心してエサをマゼマゼして港に到着。

 港に着くとなんかいつもと違う?

 


 なんか潮位高くない?しかも平日やのにお父さん船頭さん登場で嫌な予感が・・


 

 潮位高くてブジマありませんやん・・・もちろんそのほかの磯も水没&なかなかのウネリで乗るとこなし。入口大島でさえ波を被っていますので合えなく断念というわけで市江磯の旅だけして帰港、エサ混ぜたしなあ、これからどうしようか・・・

 
 一応、出来そうなところを探しながら北上、見草漁港→人いっぱいで釣るところなし、白浜一帯→ババウネリで危険&濁りで無理っぽい、天神崎&元島→もちろん全体水没、思い切って御坊シオフキ岩→ホンマに潮吹いてる&ちょうど満潮でかなり水位高く危なそう、と言うわけでさらに思い切って由良ばべ鼻へ

 

 いつもなら通路のところが水没で下げに入るまでほんの手前のしょぼいところで始めることに。浅いので全く雰囲気無しなんですがチャリコやカワハギ子やコッパが釣れます。

 


 もうこの頃には魚なら何でも良いや、みたいになってたのでまあまあ満足。しばらくすると潮が引いて先に歩けるようになってきましたのでちょい先へ行きます。いつもなら山越えのルートでもっと先に陣取るんですがもうテンションが上がらずにココで勘弁~

 


 途中、こんな仙人も登場。たぶんサーフボードかと・・・


 10センチぐらいのチャリコ、コッパ、に混じって20センチぐらいの木っ端やチヌの子が混じりだしたので最悪のことを考えてキープすることに。



 


 コッパはあまりにもアカンと思いましたのでチヌの子とキューセンベラだけお持ち帰り、キューセンはよく肥えててウロコごとウロコが焦げるまで塩焼きにしたらウロコと皮を引く手間が省けて、しかも身がふっくらと焼きあがったのでgoodですた。

 なかなか釣らせてもらえんのう~
スポンサーサイト



 | HOME |