FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

市江、進水式

2011.12.01 (Thu)
 30日に準備万端(車のバッテリーも交換済)で市江に。事前の情報ではええ天気&風、波ともほどほど、気温はあったか、こんな条件良い日はそんなに無いんではないかな…


 前回の前島の後にヤケ買いしてしまった例のモノの進水式も兼ねています。

 


 爆(笑)





 いやー、ヘソクリ使い果たしましたわ~、釣行回数が減りそうですがこれを活かすためには頑張って通いたいと思います。






 港に到着、釣太郎もそうでしたが平日やのにお客さん多いな~、って思ってたら到着後も車が来るわ来るわ、船いっぱいで沈みそう。シーズンの土日並ですね。聞けば10人前後のクラブが2組入っていたみたいでワタクシ、一人なんですけど乗る磯あるのかな…

 案の定、クラブの大人数から順々に乗せていき、最後に残った2人で遠路はるばる


 仏崎渡礁決定~


 

 市江渡船区の一番端の磯で目の前はもう椿です。しかも、仏崎、地磯続きでこの日も地磯から歩いて来て張りました。国道から山道で40分ぐらいかかるみたいです。恐ろしや~



 一緒に乗ったお客さんと場所を確認しながらマキエをポンポン、風とサラシで上潮は地側へ早く流れていますが底のほうは若干、海側へ流れているので地からの跳ね返りの流れを利用すれば仕掛けが入れれそうです。いつものように道糸ハリス2号通しで0号ノーガンで仕掛け投入しますが上が滑りすぎてて思うように入らん~、早速仕掛けチェンジ、00ウキに重い目の針で針から入れていくといい感じ~、と思った瞬間、ウキがすっとびました。この仕掛けのアタリ感がグレ釣りの面白さですよね~、30センチぐらいですが良く引いてアテンダー入魂完了です。

その後も外側に流れていく潮は来ずに内側に押し付けてくるサラシ+微妙な流れを流せたらグレ(σ゚Д゚)σゲッツ!!みたいな日でした。退屈しない程度に足の裏~30センチぐらいのが弁当まで釣れて弁当船まででキープ4枚、上出来過ぎ~

 

 

 一緒に乗ったお客さんはサラシの前に陣取って普段なら良さそうなポイントですが非常に上すべりがきつくて流し難そう。ワタクシ、普段はこんなに釣れた事が無いので一人で楽しんでいましたが場所交代してやることに。

 で、何投かしたときにそのお客さんもタモイン、40センチぐらいのいいサイズ、やっぱ場所の影響は大きいですね~。マキエが上の潮に乗って地向きに溜まってるんでしょう、内側のほうがこの日は良かった様に思います。その頃、ワタクシもようやく仕掛けを落ち付かせてボラの大群とも格闘しながら流していましたらボラが仕掛け触った?ウキが変な動きをした瞬間


 ウキ、ぶっ飛び~


 ボラかとも思いましたがスピードがぜんぜん違う、ダツかもと思いながら雑にあしらっていましたらシモリに突っ込んできます。


 あっか~ん!!(宮川大輔脳内再生してください。)
  



 あれ?シモリ通り過ぎてない?走り回っているだけでした。バンバン走りますのでダツじゃないのかな、やっぱ元気なボラかなと思ったら


 


 ハマチ、釣れた。


 

 すごいナブラは沖で起こっていましたがココまで入ってきているとは。しかもオキアミ喰うとは・・・ボラが触ってオキアミが変な動きをしたところにリアクションで喰ってしまったんでしょうか、イワシに付いてる青物が釣れてしまうとは。この頃から帰りに事故らないか(笑)めちゃめちゃ不安でしたがこんなことはめったに無いので釣り続け結局


 




 38センチ含む、30オーバー9枚で我慢しといたろ。



 ってなことに。進水式成功ですね。帰りの船で意気揚々としていましたがそのほかの磯も磯により激しいですが30枚やら40枚やら目がくらみそうです。内向きにポイントを持ってる磯が良かったように思います。四ツ島、オオハ、カブト、ヌメリ辺りですかね。逆に前島やロワタシ、ガケジマ辺りは釣り難かったんだろうと思います。みな、ぜんぜんの様子。今日もいいとこ乗せてもらったなあ~


 


 久々に爽快に釣りができました。市江ありがとう、そしてアテンダーありがとう。




 しかし、ちょっと残念な事が・・・四ツ島のお客さん、30枚釣ったで~って自慢してはりましたけど帰りの磯、めちゃ汚かったです。マキエこぼしたのそのまま、ゴミもあったように思います。上手なんでしょうけど磯一流ししたら結構きれいになりますからそれぐらいはやってほしいですね~、みんなの磯ですからきれいに使ってほしいモンです。
スポンサーサイト



 | HOME |