FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

ベタベタの四ツ島…

2011.12.29 (Thu)
 28日、代休で市江に行ってまいりました。サク次郎さんと釣太郎で待ち合わせ、28日から休みの会社も多いんでしょうか、案外人は多いですね~

 港に着くとお客さんはまあまあな感じ、一時のフィーバーから見ると釣れていませんがそこそこに今年は釣れてるんで皆さん熱心です。


 6時半ごろ出船、今日はいいとこを~、と思っていましたが船はガケジマの前で停船…ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ


 ガケジマはセーフ、呼ばれずにその後、乗れる磯にはすべて付けていきます。ベタ凪なんで普段は付けないイガミズロの前の口ヶ島にも乗せていました。下磯で危険な(笑)入口大島クリア、クツシダケクリア、上磯で危険な(笑笑)灯台下クリア、残すはまずまずなところだけ、と思っていましたら



 ○○さん、第一四ツ島行ってよ~



 おー、やっぱ通ってるといいことありますね~、というわけで本日は






 四ツ島第一に渡礁決定~




 


 見てのとおり、ベタベタの凪が気になりますがサク次郎さんも乗ってみたかったらしく(前回の四ツ島のダンナバ→ロワタシ戦で四ツ島のすごいところを見ているので)念願の渡礁となりました。ワタクシは北風のきついシーズンに何度か乗っていますので一通りポイントを説明して先っちょに行ってもらいました。

 今日は餌が流される心配がないだろうから安心して準備、マキエをポンポン入れると四ツ島名物エサ取りがウジャーっと





 あれ?出てこないな…(汗)






 いつもなら餌取りの下にでかいサンコやババチン、グレも出てくるのですが反応がないですね~、しかもマキエは一直線に真下に…まあ潮止まりやからかな、ってその時は思っていました。



 思っていました…







 思っていました…








 思っていました…








 えー、弁当船までアタリ皆無…





 

 サク次郎さんも苦戦していました。仕掛けもあれこれ工夫しましたが下の潮も動いていないらしく、頼みのツインフォースや沈め釣りも仕掛けが落ちるのが早すぎてノーカンな感じ、軽い仕掛けにすると風で上潮が滑っているのでガンガンに際に寄ってきます(泣)この日は一日中こんな感じで仕掛けが噛むところのない潮で苦戦、波があってサラシが出来ればそれに乗せて流せるんでしょうけどこんな日に限ってベタ凪…



 以前に聞いてた遠投ポイントに投げようにも北風がやや強く入らない~、仕方なしに持ってる一番大きなウキ+1号丸玉オモリで取り敢えず行ってこーい、着水すると、お、何かいい感じ…たまたまでしょうけどそこだけ旨い事入ったなあ、って思ってたらいきなり引っ手繰るあたりで来ましたよ~

 


 37センチ(キッチリ)でした。いやー、たくさん釣れるのも面白いけど試行錯誤したグレも値打ちありますね~

 

 もう一度同じようなポイントにほり込んだら、今度もバリバリ糸が出ましたがこれは何か違うような…遠投してるのと最初に糸を持って行かれているのでなかなか浮いてこない…



 が、若干竿を叩いているような…




 グレならば大きいかな、と思いましたがウキが見え、魚体が見えました。



 白いグレかー




 ギラギラと真っ白な魚体が…(泣)もう少し寄ってきて真っ黒な尾っぽが…(泣)ま、冬のイズスミも大きければ大変おいしいらしいので慎重に、と思ったら針が伸ばされてバラしてしまいました。やっぱ、欲を描くといいことないですな~。しかし突っ込みもしつこい…アドレナリンが出て汗が出ますわ~

 しかし、40センチは優に超えてたと思いましたが1,25の竿でも上がってくるんですね。いい竿やな~、腕よりやっぱ竿です(笑)



 

 今日はドラマはこれだけ、ボクもアタリとか、いい感じに仕掛けが~、とか言うのはこの15分ほどでした。

 

 サク次郎さん、お昼寝、全くの正解チョイスでした…







 


 結局、お土産、これ一枚、第2四ツ島のお客さんも早々に撤収、第3もイマイチ見たいやったですね。


 


 帰りもこんなにベタベタ…潮の動かん日は四ツ島は大変厳しいです…難しいなあ、魚釣りは。そのほかはまあまあ釣れてたみたいなんで悔しいですがこんな日もあるさ、とまたのリベンジを期待して帰路につきました。

 
スポンサーサイト



 | HOME |