FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

疲れた

2012.12.06 (Thu)
 本日、下の子の検診(心房中隔欠損、ADS)のため、仕事をお休みして朝のうちは釣具屋へ~、と思ってたら保育所から






 上のお子さんが~







 なぬ~、聞けば嘔吐したらしく、下の子がつい最近なった細菌性腸炎である事が判明。うーん、ほっとくわけには行かないなあ~、ということで下の子を迎えに行くついでに上の子も一緒に市民病院へ連れて行くことに。


 下の子の検査は異常なしでまあ、安心だったのですが上の腸炎はほっとくと友達や家族に移るので早めに小児科に。薬を貰って一安心です。で、家に帰ってきたら




 奥さんが~






 なぬ~、コレは腸炎ではなく風邪引き(たぶん)で寝込んでおりましたが休憩して6時ごろまた職場に復帰、そんなこんなで病人3人を寝かしつけてやっとひとりの時間になったというわけです。はぁ~ハードな一日でしたわ~







 心房中隔欠損症、名前は大層な名前ですが大半の子どもは生まれたてはコレがあるようです。ただ成長とともに無くなる人が大半なんですが稀に穴が開いたまま残る人がいてうちの子は両方とも。ワタクシの従兄弟がその症状で小さい頃に手術をしていますので遺伝なのかな。ま、うちの子はどちらも手術する必要は今のところ無しのようです。

新しいウキが発売になります

2012.12.05 (Wed)
 ども、普通に仕事中です(爆)



 いつも使ってるウキメーカーのHPを何気なくブラブラしておりますと新製品の紹介がされておりました。


 釣研http://www.tsuriken.co.jp/tk/seihin/nakatoshi/asia-mp.html



 でございます。




 普通に買うと非常に高くてお小遣いがすぐになくなってしまいますんでまずはマックスで調査(←買わない)し、マックスセール時に調査(←まだ買わない)し、最後はネットで安売りの時に買うというデフレの申し子のような買い方です(笑)



 このウキ、なんでワタクシの気を引いたのか




 




 沈む設定があるということ。





 潮が極端に速いときや逆に流れがなさ過ぎてガン玉を打つと沈みすぎる場合に大きめのウキで00設定(マイナス設定)のウキが活躍する場合があります。各メーカー、最近の小さいウキブームに乗ってか小さいウキでマイナス設定のウキはちょいちょいあるんですが大きなウキはG5設定、0設定までが限界でした。

 このエイジアについては前のモデルでも結構大きめだったことを覚えておりましたのでマックスで調査のうえ、大きさがワタクシの釣り方に見合うものならネット買い(笑)




 LLクラスのウキなら申し分ないんですが、大きくてもLサイズぐらいでしょうね~ま、マックスに行って見ます(爆)
 

釣りのネタがありませんので・・・

2012.12.03 (Mon)
 一応、釣りのブログなんですがネタ切れにもほどがあります。やはり、2週に一遍は海に行っておかないとこんな具合になりますね。反省。


 ところで海で魚を釣ったとき、持ち帰る場合、どうしていますか?どうしていますかって漠然とした質問ですけど、先日の市江ではいつもと違う方法で〆て見ました。というのも、いつもは渡船待ちの時にコメカミ(魚ってコメカミっていうんか)付近にナイフを入れ、一気に脊髄を切っておりました。確かにコレで〆まる場合もありますが失敗し血が出ない場合もあり、その場合、血が身に回って帰って食べたときに生臭くなっていたのです。どうも血が残ってるというかなんと言うか…




 で、前回はコメカミ(ホンマにコメカミなんかな…)にナイフを入れずに鰓を少し切ってキーパーバッカンの中で泳がしておきました。この方法で〆た魚を捌くと非常にきれいな身で美味しく感じました。前回は血抜きした状態で潮氷に入れて持ち帰りましたが血抜き+脊髄カットで〆て持って帰れば更においしい魚が食べられそうです。

 あくまで仮定です(爆)

気が付けば師走

2012.12.03 (Mon)
 ども、忙しいフリをしております(笑)

 気が付けばもう師走ですなあ…子どもの頃は12月といえばクリスマス、冬休み、お年玉とワクワクするイベントばかりでしたがどうして大人になるとこんなに師走が憂鬱なんでしょ…


 クリスマス(出費)、お年玉(出費)、大掃除、うーん、忙しない(爆)


 せめて大掃除ぐらいは年末にならないように分けてやりましょうと決めているのですが今年も寒風吹き荒ぶ日に車の洗浄や窓掃除やらなければならない状態…




 ま、合間縫って出来るだけ釣りにいける様に家族サービス強化します。
« Prev  | HOME |