FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

今日は甲子園~

2013.08.30 (Fri)
 今日は仕事終わりに家に帰らずに甲子園に向かいます。ドームでの巨人戦連敗は非常に痛かったですがそろそろ勝つやろう、って感じの気分です。ただ、お天気が心配。河童買うて行こ。
スポンサーサイト

旅行、行ってきました 二日目

2013.08.29 (Thu)
 昨日は人間ドックでバリウムを飲んだため、晩は悶えておりましたので旅行のアップが出来ませんでした。やっとこさ、アップできるようになりました、息絶え絶えですが(笑)


 2日目に能登の先っぽまで行こうか迷いましたが塩田、千枚田など子どもが見て喜ぶか?という議論になりまして結局は旅館付属の遊園地で少し遊んだあと、福井の恐竜博物館に向かうことにしました。途中、金沢に寄りましたが時間切れで駐車して土産を少し見てすぐに出発、恐竜博物館のレストランで昼食を、と思っていましたが









 





 福井と言えばこれでしょう~。ソースかつ丼です。なぜかこの写真だけ芸術的に撮れてしまってて笑えますが。お味はというとま、










 想像してたような味











 でございます。有名店に行けばそれなりの感動もあったと思いますがチェーン店ですのでこのぐらいでしょうか。ココからは恐竜博物館に。途中、九頭竜川沿いに走りましたがアユ釣りが盛んですね。月曜日でしたがココでも大会?的なことをやっていました。アユ釣りも気になるなあ~




で、到着。平日の昼過ぎだったので混雑もマシかな~、と思ってたらめちゃ混んでいます。今年はヒーロー戦隊モノが恐竜モノということやそのロケが恐竜博物館で行われたこともあり、子供が多い(前回もそうでしたが)



 




 コレは戦隊モノと一緒に写ってた恐竜博士。






 











 建物は非常にモダン、しかも入場料が大人700円、子ども就学までが無料と非常にリーズナブル。子どもが居なければ2時間は余裕で居れるほど展示も充実しておりとてもお徳です。





 

 




 中央の動く恐竜の前でお兄ちゃんは写真が取れました。ちょっと緊張気味ですがリベンジ達成~、前回来た時には怖かったみたいで入口から一歩も動けませんでしたからずいぶん進歩したものです。下の子はやはり動くのが怖かったみたいです。またリベンジにこなあきません。



 帰りは少し遅くなったので大津PAでお食事して帰ってまいりました。大津PAもリニューアルされてて非常にきれいでした。大津の花火の時には混むんやろうな~



 






 と言うわけで夏休み最後の旅行も無事に終わりました。若干、疲れが残りましたが今回は比較的涼しかったのでマシやったかも。やっぱ、夏は涼しいとこに限るなあ~



 
 















 

旅行、行ってきました 一日目

2013.08.27 (Tue)
 8月の最終日曜日を利用して石川県~福井方面に旅行に行ってまいりました。盆の有馬で随分、旅行気分を味わいましたがうちの旅行が残っておりました。

 今回は子どもがどうしても福井の恐竜博物館リベンジを果たしたいとの強い要望によりその方面で探しておりましたが




 日本海方面、地味~






 どうも、景色、伝統工芸、町並みなどが多く、子どもが喜びそうなコースが取り難い…色々と迷った挙句にワタクシも行った事の無い能登半島方面を絡めての旅となりました。




 いつもどおりに子どもが寝ている間に距離を稼ぐ作戦で夜中に出撃しましたが北陸道 木ノ本辺りまで豪雨、どうなることかと思いましたが南條PA付近でやっと小ぶりになってきましたので一度休憩




 






 大雨でスピードが出せずに予定より遅れております…50キロ規制があったのですが雨が凄くて必然的に50キロ以上出せねえ~







 






 石川の千里浜なぎさドライブウェイに到着。車のままで砂浜を走れる唯一の場所らしいです。遠浅なのか風波がエライ手前から立っております。しかも前日の大雨の影響で濁っとる…途中、がまかつのフレンドリーカップキス釣り大会やっていました。濁っていても釣る人は釣っていました。遠浅なので濁りの無い場所まで遠投が必要なようで考えられんぐらい投げていました。日本海でキス釣りしようと思ったら遠投練習しないといけないなあ~






 

 
 

 その後、一時間ほどでのとじま水族館到着。小規模水族館ですがジンベイザメや野生イルカの餌付けなど見るところはたくさん





 





 水族館すぐ後ろがヨサゲな波止+海釣り公園も併設、子どもが居なければ間違いなく行程が変わるでしょう(笑)





 






 イルカの餌付けシーン、イルカのほかにマダイや大型グレ!!も居てます。個人的にはグレにたくさんエサを食べて欲しいのですが子どもらはイルカにやるので必死です。




 



 エサはオキアミ、マキエ勺1杯ほどで100円、割高~、お父さんは600円で3キロ撒いているんやで~、なんて教えておきました。



 少し早めに今日のお宿に。ココを選んだ理由は自然遊園地が併設されていて優待券で乗り物など乗れるので子どもが喜んでいます。


 

 




 ピラミッド+坂すべり散々やった後に






 





 2人乗りのゴーカート。ワタクシの過体重のせいか奥さんに追いつけない~。





 









 汗をかいた後はプールでスッキリ、コレだけついて(実はまだまだありましてパークゴルフ、ビームライフル、サイクリングなどなどなど)優待券500円はお徳。食事、風呂は標準でしたが大人で10,000円を切るので値打ち有でした。

 晩に2日目の予定を考えましたが、本当は能登半島の先まで行って、と思っていましたが朝市、千枚田、塩田など子どもにとって余りに地味なので(笑)朝は宿の遊園地で遊んでそのまま福井の恐竜博物館に走ることにしました。




 二日目に続く

 

 

買ってもた~Ⅱ

2013.08.23 (Fri)
 人生初のカセフィッシングでこれは要るなと思ったものは竿受けとコレ






 








 あー、やってしまったわ。もともとこんな感じのリールって全部電動って思っていましたが水深を図るカウンター部分だけがデジタルであとは普通の両軸リールです。フカセ釣りの釣れ方を見ているとタナは非常に大切かな、って思いましたので水深がわからなくてもカウンターのどれぐらいで釣れたかを共有できれば非常に強力な武器でしょう。スピニングは底だけ取っとけばあとはええ加減ですのでそれはそれで面白いのです。2本とも両軸リール、とも思いましたがスピニングなりの面白さもあるので磯竿に両軸、ボーダレス/○○(←まだ未定ですが欲しい~)にスピニングの2刀で行くことになりそうです。


 秋冬になればノマセが面白いらしいのでノマセ用の竿も欲しい~、ハイパーフォースが遠のく~(笑)

買ってもた

2013.08.22 (Thu)
 先日のカセ釣行の際に必要と思ったもの






 







 竿受け、王様印チビラークと受太郎です。受太郎は中古でタックルベリーで奇跡的に発見、まあ、新品とあまり値段が変わらなかったことがあとから判明…うーん、どうでしょう…







 カセ釣りは手持ちでも大丈夫なんですが複数本、竿出そうと思うと受けが必要です。竿受けが無いと竿ごと海中へ~。竿ぶっ飛びもネタ的には最強なんですがコロ辺りが掛かると尻手ロープが切れるのも時間の問題です。






 竿受けは借りられるらしいのですが数があまり無い模様で当日も余り無しでした。やはり要るな、と。慣れてくればさらに飲ませの捨て竿入れるらしいのでその時は借りたいと思います。

人生初、カセ釣り in串本隼フィッシング 後半戦

2013.08.21 (Wed)
 えーと、どこまでアップしたかなっ、と。




 あ、そうそう、2本出して暇になったところまではアップしました。カセはポーターさんはいませんが船頭が助けてくれるので荷物持ち込み結構出来ます。2人ともビール、アテ、食糧いつもより持ち込んでピクニック気分~、そのうちに弁当が来て冷たいビールとアツアツの弁当が旨い~



 




 2本出すとこんな感じです。前回、報告忘れておりましたが






 あやねパパさん、タックル新調~








 なんと船竿とリールを新調、しかも超重要な竿受けまで新調されています。ワタクシのボーダレスと言い、あやねパパさんのミヨシ(漢字が出ない~)の入魂も兼ねての釣行なんでボウズでは帰れません。弁当喰ってしばらくすると




 ん?潮動いてるか?






 と、ボーダレスの仕掛けの誘いを入れた瞬間、竿先が










 ズギューン










 なんというパワー。竿が竿なので非常にスリリング~、時間をかけてゆっくりやり取り、掛かった魚も観念したのかプカ~、と姿を現したのが





 







 脱走兵ですが45UP~














 いやー、ボーダレスも細いけどこんなの上がってくるんだな~、グレでも行けるかも。あ、グレ用に買ったんです(笑)その後はポツリポツリとイサギが釣れます。そのうち、パパさんのミヨシ(漢字が出ない~)が火を噴きます。竿先がクンクンしてるなーと見ていたら








 ドッギューン!!
 



 竿がありえないぐらいに曲がっています。しかしこの船竿ってのはすごい粘りなんです。3mぐらいの竿なんですがドラグがチリチリ出ながらも死闘、船の下に潜り込みそうなのをいなしていなしてプカーっと上がってきたのは











 P でっかいイサギ?








 T いや、真鯛?








 P コロや~








 コロの姿は隼さんのHPでご確認ください。(http://fishing-hayabusa.com/cyo-ka_Corner/pg550.html
















 いやー、船竿も欲しくなるなあ~、と思いながら見てると今度はワタクシのアテンダーが










 ドッギューン!!










 
 磯竿の胴から船底に向かってえげつないぐらいに曲がっています。さてやり取りしますか、と竿を竿受けから外しにかかりますがエライアタリで竿受けから離れない~、何とか必死のパッチで竿受けから放したもののこれまたえげつないのが掛かったなあ~、フロロ4号やしアテンダーを傷つけたくないし、と弱気のやり取りをしてしまったのでバラし~。道糸、破断していました(笑)鯛やったと思うと悔しいなあ~

  






 バラしてから間もなく、ちょっとよそ見をしてたらパパさんが







 


 tooruさん、○!※□◇#△~!!








 視界を黒いモノが通り過ぎたので外していたアームカバーが風で飛んだのかな~、って思ってたら









 ボーダーレスや~















 竿受けが無くて尻手ロープだけでしたので魚がアタって竿飛び~、尻手しててよかった~。竿を取ると魚がまだ掛かってて(笑)イサギゲッツ。その後も一度、竿飛びがありましたので今度はうまくキャッチして魚もキャッチ。






 その後は暇にならないぐらいでイサギ追加、最後の方は大アジも出て大変おもろい釣りでした~






 

 

 



 マダイ天然2枚、脱走1枚、イサギ9枚、アジ2枚で大満足~







 久々に魚をどうして食べようか迷うぐらいでしたが脱走兵は煮つけ、造りに。イサギは2枚塩焼き、7枚は干物に。天然チャリコは塩焼きにしましたがやはり旨い~

  

 





 干物が上手くできたので楽しみ。カセ、初めて行って釣れたとはいえ、面白い釣りです。あやねパパさんに感化されてタックル+竿受け買ってしまった~。新型ハイパーフォースが遠のきます…
 

人生初、カセ釣り in串本隼フィッシング 前半戦

2013.08.20 (Tue)
 17日土曜日、あやねパパさんと一緒にカセ釣りに行ってまいりました。ワタクシ、船釣りは何度かやった事がありますがカセ釣りは初めて。事前にHPなどで予習していきましたがやってみると結構イメージと違っていました(笑)

 朝(晩?)から迎えに来ていただき一路、串本へ。最近は白浜周辺だと遠く感じなくなっていますが串本はさすがに遠い気がします。バイパスが完成したらもうちょっと行く機会が増えるかも。

 港について、竿受けを借りようと思ったら全て出払っているようで仕方なしに手持ちでやることにします。(後でパパさんが持ってきてた筏用の竿受けを借りられることになり、これは後々大きな成果に繋がっていくことになります。竿受け、侮れん~)



 さてさて、出船時間となり、みなさん親船に荷物を載せています。カセは場所に固定してあるのでそこまで渡船してくれるシステムのよう。場所はこんな感じです。


 

 

 

 激湾内~





 場所もちょっと思ってたのと違いますが波による揺れは思ったより無くて快適、しかも2人乗りでもカセは非常に広くて慣れればいろいろ持ち込めそうです。


さてさて、釣りを開始したいのですが何をどうやったらいいのか、皆目見当がつかずに見よう見まねでセッティング、まずはアテンダーⅡ+ハイパーフォースでフロロ4号、その先にグレ針10号、これだけです。根掛かった時やどうしようもないのが釣れた時に切れる部分が無いので非常に不安ですがこれだけ強いとむりくりにやり取りできるので逆に安心?エサはこんなのです。



 


 あ、これは人間のエサ



 

 

 
 これも人間のエサの写真が大半ですが…サシエはマキエからとっても大丈夫なんですが(実際に始めの方で釣ったのはマキエからとったサシエ)やっぱり大ぶりなのが揃ってるのと身が締まってる安心感でコチラかと。気温が下がってくればマキエも黒く変色してこないだろうからサシエとってもイケそうです。



 どうやって流すのか、イメージでは磯の本流を流すみたいに付きっ切りかと思いましたがやはり潮が緩いのか最初に糸ふけを出してやらないとダメみたい。指を弾いていくのを想像していましたがいっぱい出しといてあとは勝手にフロロが沈んで~、って感じです。


 最初は底を取らずに行き当たりばったりでやっていましたが適当に出してなじんだな~、ってとこで待ってると





 クン、クンッ





 お、なんか触ってる。よしよしと合わせますが乗りません。その後も何度か当たりましたが合わせると乗らないみたいでここであやねパパさんに相談





 T なんか、触ってるけど乗らへんねん






 P ほっとくねん






 え?ほっとく?どうやら魚がエサを咥えて走り出すと固定した竿先が水中に入ってそこから合わすと掛かる模様。言われた通りにほっとくと竿先が










 ぐいーん








 おー、突っ込んどる、突っ込んどる。合わせを入れると乗りました。磯よりも深いところから上がってくるからか、良く引いてオモロー!!





 





 ちっちゃいけどマダイ(天然)です。串本まで来て良かった~。2匹目のドジョウ狙いで先ほどと同じように流すと竿が突っ込んで







 








 ビギナーズラックも続くとうれしいモンです~













 どの辺で当たってるのかあやねパパさんに教えてあげたいのですが底を取っていなかったのでオモリを借りて底取り。その後、底付近まで(仕掛けが流れているので正確には斜めになってる分、底切ってると思います)流すと中型イサギが掛かりました。パパさんもイサギを追加して2人して








 オモロー!!










 竿が突っ込むビジュアルが何とも言えず、楽しい~。何もないとたぶん暇な釣りなんですが退屈しない程度にイサギが釣れます。朝の時合はマダイ2枚、イサギ4枚ぐらいで沈黙、沈黙するとそれはそれで暇な釣りです。日差しもキツくなってきましたので持ってきたパラソル設置、2本目の竿の準備をします。2本目は先日、購入したカセ用のボーダレス+ハイパーフォース予備にフロロ4号、同じように2本を上手く交互に馴染ませながら釣ります。結構忙し。ボーダレスは竿受けが無かったので尻手ロープだけ付けて椅子に置いておきます。




 





 座って釣りが出来るのとパラソルを付けておけば極楽~、もっといろいろ出来そうですがこれだけ装備が整っていれば十分です。2本体制になっても沈黙は続きます。朝だけだったんでは…嫌な予感がよぎります。ちょっと長くなったので後半に続く。







 










 
 

あづ~

2013.08.16 (Fri)
 実は現在、嫁+子どもがヨメ実家に帰っているので一人です。







 パラダイス~







 と言うことです。昼間は仕事ですが晩は呑んだり、ええもん喰ったりエンジョイしております。土曜日もエンジョイする予定。エンジョイできるか不安ですが…(笑)

仕事です

2013.08.15 (Thu)
 昨日の晩はちょっとした打ち上げで泉佐野まで行っておりました。地元の魚をたくさん仕入れている「たかだ」(http://tabelog.com/osaka/A2705/A270503/27003026/)でした。店の前は何度も通ってたんですが来店は初めてでした。


 いやー、満腹です~。珍しいモノから地物のアテ(ガッチョ、ガンガラ、ウオゼ、水ナス…)もあってリラックス~、惜しむらくは非常に店が混んでて注文したのに来ない~、なんてのもありました。





 泉佐野から岸和田まで電車で帰ってきたんですがバスが無く、どうしようかと思ってたら




 あ、マックスセールしてるはず






 ってなことを思い出し、ちょっとしたものやら次回の釣りの必要備品まで買い揃えておきました。え、次回の釣り?






 そりゃ、お楽しみ~









久々に更新

2013.08.14 (Wed)
 世間的には盆休みのところも多いみたいですがうちは至って普通出勤であります。まあ、普段より電話対応などは少ないので自分の仕事をじっくりできますが・・・



 日曜日からヨメ実家に戻っておりましてなかなか更新できずでした。日→月には有馬温泉にtooru家族、ヨメ実家家族、義弟夫婦で揃って癒し。



 

 


 実はワタクシにとって有馬の泉質が強すぎて長くは入れないんです…温泉に来た意味無いやんて言われそうですが癒され度だけは満点で帰宅。次の日は有馬→森林植物園(兵庫県立)に行ってまいりました。兵庫ってのはこういう福利面で大阪とはずいぶん違います。大阪もこういうところにお金を掛けていただきたいものです。木が多くて少しだけですが涼しい?木陰は確実に涼しいですがやはりお日様の真下は危険




 

 

 





 森もあるのですがこういうだだっ広い広場もあり、立派な遊具が置いてあります。が、暑すぎて人は皆無~、うちの一号がダッシュで遊具に向かっていきましたが暑すぎるのかすぐに帰ってきました。ココも周りは木陰があり、そこにはベンチもありますので気候の良い時期には非常に良いんではないかと思います。





 3日目は家でゴロゴロしておりましたがやはりあまりにアツいのでヨメ実家の近所のキッズランドに。



 

 




 入場料だけ払ってゲーム、カラオケ、マッサージチェア、漫画喫茶、インターネット、遊具、などなど遊び放題。太鼓の達人もシリーズは古いですがやり放題です。良くできたもんだなあ、と感心。しかも食糧飲料持ち込み可ですしクーラーも効いてるので子供を遊ばすには持ってこい。ワタクシはと言うと




 







 釣り堀でございます。小さな緋鯉がターゲットなんですがこれがなかなか曲者。エサ仕掛けを見切ってるのか(浅くて水が透明なんで警戒心抜群です)掛かりません。周りでやってる子供も皆目釣れずに飽きていましたがココはセミプロ、仕掛けを弄るという姑息な手段で子供が釣れないのを横目にバンバン釣ってやりました。既成の仕掛けだとどうも宙を釣ってる感じでエサに触れもしないのですがやはり、コイですのでウキを取って仕掛けを這わしてハリを吸い込んだタイミングで掛けてやると面白いように掛かります。周りの子どもも「おっちゃん、おしえてや~」って寄ってくるのでいろいろと教えると釣れるようになります。やはり魚の習性を熟知しないと釣りは成立しません(笑)ゆっくりはできませんでしたが盆働く英気は養えたのではないかな~
 | HOME |  Next »