FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

土曜日の事ですが・・・

2014.02.25 (Tue)
 22日の土曜日に保育所つながりの近所の6家庭が集まり餅つき大会。当日は朝は寒かったのですが昼は日差しが出てくるとポカポカと温かく、餅つき日和でした~


 その前の日に釣ったグレの造りと焼き切りを奮発して5枚分差し入れしましたが










 大人12人、子ども13人の前では即死~










 いやー、子どもも生もの食べるんですね~、事前にうちの子にはあまり食べないように言ってたのですが好物を前にして辛抱無理なようでした。しかし、他の奥様方からお褒めの言葉をいただき、集まりがある日の前日は釣りに行って良しの了解が得られました~(笑)










 !cid_4180FB33-FC52-4876-901E-445399FDF464.jpg









 肝心の餅つきはと言うと、家庭用のコンロでもち米を蒸しているのでパパさんの呑む→酔うスピードと蒸せるスピードとの勝負でした~楽しかったです~
スポンサーサイト

キタ━(゚∀゚)━! 市江! 悲劇編

2014.02.22 (Sat)
 ども、前回のアップでは弁当船で5枚報告の後、ポツリポツリと追加していったまでをご報告いたしました。9時ごろの満潮を機に下げに入って食いがいまいちやな~、とN井さんと話でおりましたがこの日はこのまま終わる感じじゃなく、魚が居るところには居るって感じでちょっとねらい目やなじませ方を替えれば食うって感じ。さすがは名の知れた1級磯ですな~、初めて思いましたが(笑)


 魚の棚は2ヒロ~3ヒロぐらい、最後は1.5ヒロの固定とかで釣ってたんでかなり活性は高いようでした。ポツポツ、スカリに追加してて今は8枚、これで9枚目~♪、そろそろ水面から上げるノン難儀な重さやな~、なんて思ってスカリを上げに行きますと


























 ん?スカリ、無くない?




















 吉丸の剛腕ピトンに引っ掛けてあったので取れるはずはないのですがなんかの加減で外れた模様(泣)そういえば四ツ島の内側の波の状態がえげつなかったのでどっかに飛んでいったのかな…魚を入れたまま…























  (´・ω・`)ショボーン





















 嘆いていても仕方がないので使用用途の間違ったワタクシのライブウェルの本領発揮して水を貯めて放流、ぶくぶくは持ってきていませんが水温低いし何とかなるやろ。






 その後もポツポツ追加でき、ライブウェルには4枚、うーん、これでも通常の釣行分以上に土産はあるんですがなぜか非常~に釈然としない(笑)
















 そんなとき、12時の見回り時に沖で吉丸が停泊、何か魚でも釣ってるんかな、と思っていたのですが
































 生簀、流していませんか~


























 ハイハイハイーハイっ、オレオレオレオレーっ(笑)
























 なんと沖に流れてた生簀を取り戻してくれた模様。涙が出るほどの感動、正直、子供が生まれた時ぐらいの感動しました。(笑)ありがとう、吉丸渡船。もっと宣伝しておきます。





















 結局、ライブウェルに6枚、救出されたスカリに8枚、合計14枚の大漁~
















 









 IMGP1299.jpg























 小さい尾長も塩焼き用にキープしていましたが贅沢なものでこれだけ釣ると余裕ができてリリース、結局、持ち帰りは12枚、それでも正直、2桁越えはうれしい~












 IMGP1300.jpg










 一番大きいので38センチ、どれもよく肥えてて旨そうでした~














 いろいろとありましたが流石は沖磯、って感じの釣れ方でした。これだけ釣れても結構忙しい感じなのにもっと釣ってる場所も(この日の見老津が凄かった)あるのでどれぐらい釣れてるんでしょう?ただ、贅沢ですがこれ以上釣れたら釣りとしてイマイチな感じですし捌くのが大変…年に1編ぐらいでよいですね~








 
 

キタ――(゚∀゚)――!! 市江! 好調編

2014.02.20 (Thu)
 20日、先日の土日出勤の代休で釣りに行ってまいりました。実は事前の天気予報で先日からお騒がせの「雪」マークになっていたので無理だろうな~、と思っておりましたら天に祈りが通じたのか低気圧が発達せずに南紀沖を通過、高気圧の張り出しもあり、ええお天気で釣りができました。

 
 朝、釣太郎に寄ると先日来の好調もあってか結構人がいます。前回の祝日よりも多いんじゃないか、ってぐらいでした。港に着くと市江はそうでもないからか、お客さんはまばら、常連さんだけかな…



 6:30に若船頭の操舵で出発、この時点で水温が14.6度でしたのでひと安心(例年ならゲ~ってなりますけど)、天気がいいので口ヶ島から着けるのか、と思いきや、少し足の長い波があって小さい磯はダメな模様。前回、マエジマがどうって話を若としてたんでマエジマ?と思いますが別の方がおります。クロシマぐらいでもええかな~、なんて考えてたら急によばれます。





 若「海水浴、行きますか?」





 T「ハイ?」












 この時期のこのフレーズは…






















 第三四ツ島渡礁決定~



 IMGP1296.jpg









 前回の第二と言い、四ツ島付いてきたな、と思います。もちろん一人ではなく、みなべの常連さんN井さんとご一緒させていただくことに。さっそく、場所取りですがN井さんは海水浴が苦手なのでワタクシが先端に。
















 IMGP1297.jpg









 この波があればドカーンと来ます。風があると島に当たって上がった飛沫が直撃する2段攻撃なのですが今日は風がなく、直の(それでも結構来ます)飛沫だけ。ピトンを打ってる間もバッサバッサ被りますので物の数分で全身ぼとぼとに。それでもやはり第三四ツ島、ええときはええですな~。潮が沖に払ってるな、って思ったらそこで食ってきます。







 IMGP1293.jpg












 この時期にめずらしい、やる気満々の真っ青なグレ、水温がかなり上がってるんでしょうか、エサ取りも結構いてます。第三はポイントがいくつかあるのでマキエを何投かずつずらしてエサ取りをかわす作戦、功を奏して


















 IMGP1294.jpg












 早くも35UP、今日はどれだけ釣れるねん、横のN井さんも順調に枚数伸ばしております。潮が変わったな~と思ったらちょっと仕掛けをいじったらすぐにウキがスーッと入る気持ちの良い釣行、おー、こういうのもいいもんだ~。弁当までに双方5枚ずつ、しかも水温が上がってるのか尾長交じりです。しかもさらにさらに良いことはポツリポツリと釣れつづけているところ。潮がよくて一時的に釣れてる状況だと後はサッパリってものよくあるんですがええ潮なのか、具合なのか、多少の切れ目はあるものの、サッパリってのにならない。これは第三のアタリ日に乗ってしまったんでは?




 釣れてはいるのですがこのころにはもうすべてがボットボト。家に帰ったら大洗濯やわ~と思いますがテンションが高いのか全く気にならず(笑)






 IMGP1295.jpg










 こんな波が来たって屁の河童です。













 弁当喰って英気を養い、その後もポツリポツリ、追加して行ってたのですがこの後、いつもの「カラン、カラン、ポチャ」が。いや、今回はカランカランって感じじゃなかったのかな…

う、う、旨い

2014.02.18 (Tue)
 今日も仕事帰りに熱~い一杯




 写真 1






 写真がボヤケててよくわからないですが上本町の「JUNK STORY」でございます。(http://junk-story.hp4u.jp/menu


 お店の外見はラーメン屋っぽくないけど味はラーメンの王道行っています。っていうかかなり他店を引き離している感じです。ちょっとこれを超えるのは見つけるの至難の業なんじゃないのか?とさえ思わせます。店が小さいので回転はあまり良くないですが待つ価値はあります。







 写真 2







 普通、ラーメンは化調がきついのでスープはほとんど残すのですがここのは大丈夫。自家製麺がまたまたアツいです。昼間は混んでるらしく、晩も時間帯によっては店外でかなり待つので防寒対策しっかりしてった方がいいですよん。

購入

2014.02.17 (Mon)
 土日は毎年恒例のお仕事で箕面に行っておりました。宿泊を伴うお仕事ですので毎年疲れます~。帰りに大阪市に立寄りがありましたのでついでにこちらに。



 玉出のウエシマ釣具




 別段、用意はありませんでしたがついついふら~っと。





 IMGP1289.jpg






 シマノの防寒下着です。パッチは持っていましたが上の下着がなくて探しておりました。冬になると在庫がなくなる釣具メーカーの戦略、どうにかならないか…、と思っておりましたがやっとありました。あとはピンが弱くなってきたこれ






 IMGP1291.jpg







 あとは









 IMGP1292.jpg








 2年分ほど買ってもた~。お安くて糸みたいに劣化しなさそうやから良いか。











 IMGP1290.jpg









 釣武者のカタログが入っていましたがまた欲しくなるやんけ~

ハリについての考察

2014.02.14 (Fri)
 今日は「ハリ」について考えます。2日連続、考察ですが急にワタクシは賢くなったわけでもありません(笑)なぜか今の使用タックルを記録しておこうと思っただけでございまして深い意味はありません。まあ、日記代わりってことでしょうか。



 さて「ハリ」ですが「張り」ではなく「針」です。そう釣り針。釣具屋に行くととても多くのメーカーが多くの種類の針を出してて困っちゃう、って感じです。どれもよさそうで非常に迷います。これに関してもフカセ釣りを始めたころは










 完全なる勘と趣味










 でございました。そこらじゅうの釣具屋でいいのが見つかったら針を買っておりましたので

















 使わない針が余って余って仕方なし













 針は消耗品なのですが魚と直に接する所なので要らんウキよりも使う機会が減ります。そのため、タックルボックスの肥やしに…













 今のワタクシのメインがコレ

















 IMGP1283.jpg

 IMGP1284.jpg







 オキアミカラー派閥からは層(タナ)グレとスーパーヴィトムです。層グレは太軸、重量設計でがまかつのグレ針では一番重い?と思っております。仕掛けを強制的に張りたいときやサラシ直で釣らなければならない場合に使用。普段使うと仕掛けが立ってサンコの餌食に(笑)ヴィトムは反対に細軸、スレ針でグレが吸い込みやすいのでは?と思っております。ちょっと弱いのか掛りが浅ければ伸ばされる時もあります。改めて写真で見ると軸の太さが結構違いますね~













 茶針派閥からはこちら






 IMGP1285.jpg

 IMGP1286.jpg



 左が短グレ、右が寒グレ、短グレはその名の通り、短い軸の針です。重量はそれなりです。この針こそ、勘と見栄えで買ってしまいましたがなぜかわかりませんが今はあまり使っておらず、無くなったらレギュラー落ちする予定。右の寒グレも特徴のない針ですが安いのが非常に魅力的~、もう少し細軸、軽量の針にシフトしたいので無くなったら口太グレ、掛かり過ぎ口太あたりに乗り換え予定。












 IMGP1287.jpg









 良いのはわかってるけど高いのがネック、TKOです。これは少量だけ、小さい針を常に入れております。いっぱい号数買ったら高いから(笑)











 針なんて伊勢尼だけで十分って人も多いですね、確かに最近はそれでもええかな、って思いますがこんなにたくさん出てるのでいろいろと使いたいのも人情ですやんか~(釣具屋の戦略に負けてる…)













 でもやはり、これだけ出てるとこれはな~、ってのもありまして


















 IMGP1288.jpg






 使ってる人が居たらスミマセン、この針でいい目をしたことがないのです…すっぽ抜けが多いように思うし強度もイマイチなんじゃないかと…




 ワタクシはヘラ釣りのころから針はがまかつのみでして他のも使ってみたいのですがドツボにはまりそうで怖いのです。よさそうなのがたくさんありますが結局はどれが一番、自分で信用できるかってことなんで人それぞれでしょうね~



ウキについての考察

2014.02.13 (Thu)
 フカセ釣りを始めたころは磯で使うウキのチョイスにつきましては








 完全なる勘と趣味








 でございました。ここ最近も上記の基本姿勢は変わっていないのですが(結局は勘かよ)その時々でだいたい使うウキ、使わないウキってのがはっきりしてきたように思います。正直、風やら波やらがない場合はどんなウキでもうまく流れれば釣れる、というかうまく流せると思うのですが真冬のように風が吹き荒れる場合やワタクシが行く市江に多いのですが上潮が滑って下は動いていない、もしくは少しだけ動いてる、ってときはちょっと工夫して流さないといけません。














 IMGP1278.jpg








 ここんとこのエースがこちら。釣研の聖帝サウザーLSでございます。「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」でございます。(元ネタわかる人いるのかな…)このウキは最近の小粒ウキブームを逆走する大粒のどっしりとしたウキでサイズでいうとLとLLの中間ぐらい、って感じ。市江ではどうしても風が吹くと横風を受ける感じになるので糸が風にとられても多少は耐えるどっしりウキが必需品。ただ、欲を言うときっちり長ハリスを入れ込んで小粒ウキで釣れるようになれば釣果も上がると思うのですが










 リーマンの釣行ペースでは習得が難しい…













 IMGP1281.jpg






 上のトーナメントα、グラビティ、トーナメントゼクトなどが使いこなせれば楽しいんでしょうね~とは言ってもやっぱ難しいのでウキポーチには














 IMGP1279.jpg










 左、ファイアブラッドコアR、普通のコアR、そして下、最新の藤原ウキです。特に藤原ウキは値段は張りますが情報量がとても多くてちょっとした流れやらヨレやらで忙しなく反応しますのでパイロットウキにはちょうど良いですね。潮が読めるというか。情報量が多いっていえばコチラ











 IMGP1280.jpg















 爆風の定番、ツインフォースです。水中ウキを使えばいいのですがなぜか水中ウキはとても小さく作られているのが多くて買う気になれないので親子ウキに留まっております。普通の00とかのウキと余浮力のあるウキをつけても同じような仕掛けになるのでどっしりと潮を受けるような大きめのマイナスウキがないか物色はしていますが…。ツインフォースの上ウキぐらいのウキでも下ウキがどっしりと潮を捉えていれば仕掛けの操作がやりやすいので小さな浮を使うポイントはやはり、仕掛けの張りと潮掴みなんでしょう~













 目標とする小粒ウキはトーナメントゼクトSなのですが一番大きなコアRと比べると














 IMGP1282.jpg

















 ちっちぇえ~







 このウキを爆風下で操作できるようになるのは至難の業ですね~、出来れば大きな武器になるのでしょうが。ま、今の釣りでも釣れてるからそれでええかな…






 












 

HG市江、爆風で疲れた~

2014.02.12 (Wed)
 久々にヨメの快諾(?)を得てHG市江に行ってまいりました。本当なら土曜日に行く予定でしたが






 雪がだいぶんヤバ目…







 でして、久々に自重、この日も風、波が出る予報でしたがこの日を外すと土日はもう釣行できないかも…ということで無理くりに行ってまいりました。Tポートでエサ混ぜしておりましたがオキアミ値段が高騰、リーマン釣師には厳しいですね~。エサコネしてる間も風がきつくてホンマに船出るのか?って感じでした。


 港に着きますと低調の今シーズンを象徴するように車はまばら、しかし出船時にはそこそこの人数になって予定通り、出船~、しかし波があるのか干潮前やのに口ヶ島は波かぶっています。この日は前日に寝不足でしたので広々と昼寝できるところをと思い、先に船に乗り込んで隅っこの方で小さくなっておりましたので下磯はクリア、ロワタシからイガミズロ、マエジマと着けていきます。灯台下に常連さんで灯台下専門の方を下したところでお父ちゃんの呼ぶ声が…




 お「○○さーん、おらんかったか~」

 

 



 T「あ、はい、居てますけど…」








 お「○○いけそうやさけ、浜口先生と○○いきよし~」








 と言うわけで














 第二四ツ島渡礁決定~







 IMGP1271.jpg









 いやー、まったく眠れん磯ですな~。浜口先生はみなべ町で整形外科を営む方らしく、市江では超常連、超有名人。何度かご一緒させてもらったことがあるので気心が知れていますがこんな日に限って第二四ツ島とは…










 しかし、せっかくの第二四ツ島ですから断るわけもなく、とりあえず下りますが海苔が繁茂しててめちゃめちゃ滑る~、磯の半分ぐらいが海苔でおおわれているので港向きの一角と北向きの端っこからしか仕掛けが流せない…しかも朝から爆風で波も結構あるので波に比較的強い磯ですがたまに足を洗います。







 IMGP1275.jpg








 お天気は良いねんけど風が身を切るように冷たい…





 気温は高いのでしょうが風が異常に寒くて防寒レベルを最強にしてきましたが結構きついな…しかも風が完全に横から来るので流せない~






 IMGP1272.jpg








 5.0m、1.75号の竿ですがひん曲がります、風で(爆)因みに港の水温は船の水温計で








 12.0度…









グレ死んでるんと違うか… 四ツ島周辺で朝一が13.6度…テンションが下がります。第一にも人が乗っていますが正直、真向いの風の方がやりやすそう。糸ふけをたくさん出しても出しても風で流されっぱなし、波に取られっぱなしでなかなかなじまん…浜口先生もエサも触らんとのことでかなり深く仕掛けを入れているご様子。そうこうしてるうちに弁当船、どこもかしこもダメみたいです。ココで釣れなければ釣るとこがないのでこのまま続行ですが正直、0.5度でも水温が高いところに行きたかったです。


 アカンときは即弁当(ま、毎回ですが…)、浜口先生も即弁当(笑)でいろいろと教えてもらいながら駄弁っておりました。座って風を背にしてるとそうでもないのですが釣り始めるとやはり風が冷たい…弁当後は潮が上げになるので期待しておりましたが









 風波だけが勢力を増して~










 なおさら難しい状態に(泣)因みに第三四ツ島はこんな感じ








 IMGP1273.jpg






 普通の北風ならやりやすい~







 一方、風、波とも出てくると








 IMGP1276.jpg











 こーんな感じに(笑)跳ね上がった飛沫が風で押されてもう一度、攻撃してくるとにかく根性だけが試される状態に。見てると真後ろから風を受けているので飛沫さえ気にならなければ釣りやすそうでしたが。そのうち、ちょっと潮が動いてきたかエサを触るようになってまいりました。浜口先生と同じタイミングだったのでこれは最初で最後のチャーンス、仕掛けを点検してもう一度、同じような場所を流すと今までは風で持ってかれてそのまま下の方に、って感じでしたが踏ん張るようになっててちょっと深めに仕掛けを入れると上に引っ張っていくようになっています。そのタイミングでチョイチョイと道糸を操作しますとウキが







 プシューッと











 いやー、この「プシュー」はどうもサンコかババチンぽい…グレに変われ、と念じながら格闘しましたがチモト切れ、やはり本命ではなかったようです。しかし、魚が口を使うようになってきたのは事実、ここはどうしても浜口先生よりも先に魚を取りたい、と思てたら















 ○○くーん、タモ取ってくれんか~









 うーん、やはり先に釣られたか~。この人がタモ取って、っていうときはかなりの確率で魚が掬える状態ですので今回も…さすがです。聞けばあまり深くないところで釣れた模様、それなら深く入れるのが苦手なワタクシにもチャンスあり
、せっせと道糸の操作をします。仕掛けがなじむまで一旦は下の方に流されますが馴染めば上に引っ張っていくのが顕著になったな~、と思った矢先にウキがスパッと少しだけ動いたような…













 ん?アタリ?












 半信半疑で合わせを入れると竿が止まるなかなかの手ごたえ、ですがあまり引かない?雑巾をひっかけたみたいな感じですが魚だと思われるので丁寧にやり取り、やがて浮いてきたのが















 IMGP1274.jpg












 ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ、値打ちあり~










 ボウズを免れたのが非常にうれしい(笑)水温が水温なだけに魚の顔が見えればと思っておりましたが一匹釣ると欲が出て二枚目、と思いますがこの時間帯には既に磯がだいぶんやばい状態になってきており、2人ともマキエの大半を流されたりしておりました。と思ってたら吉丸渡船出動で四ツ島周りは強制退去~、ナガシマの横のオオジマ、マエジマが空いていましたがマキエがないので退却することにしました。聞けばちょっとだけ水温が上がってるみたい(それでも14.4度でしたが)で2人してこれからやのにな~、とずぶ濡れになりながら四ツ島を後にしました。




 港に帰るとあまりの波、風で1時の船でしたが結構上がってた感じです。やはり低水温でエサ取りもなかったようで一枚ずつの我々がどうも竿頭っぽい。何ということでしょう…後から測ってみたら39.0センチ、案外大きかったんですね…雑巾のようだったのと取り敢えず掬って濡れないところに、って感じだったのでそんな余裕がなかったです。


 

 たくさん釣れるのも面白いのですが厳しい状態で釣るのもなかなか味わい深いものが(出来ればイージーに釣りたい)あります。今回は一枚だけでしたがいろいろと浜口先生に教わってたので非常に楽しかったです。またご一緒できればと思い、市江を後にしました。帰って捌くと非常に大きな白子が入っておりました。もう終盤かな~、と思わせる個体でした。水温が上がればいい感じの潮でしたので週末、船が出るようなら面白いんちがうかな、と思いますよ~。
 




 

積もりました~

2014.02.09 (Sun)
 土曜日はどことも凄かったですね~。何がすごかったか




 写真 1






 前日、晩の写真ですがすでに1センチぐらい積もっていました。朝起きたらさらに積もっていましたが。まあ大阪ですのでそこから凍ってしまったりはないのですがどうも晩の間に近くの池にフェンス直撃で車ごともってかれた事件?事故があったようで朝から消防、警察が近所をうろうろしてて騒がしかったですが…






 土曜日になっても雪は積もっていましたが車で移動はできたので子供連れて高島屋までひとっ走り。買い物と用事を済ませて帰りに












 写真 2






 バレンタインチョココーナーがすごいことに。一フロアすべてチョコチョコチョコでございました。女子の皆さんが買っておりましたが子供が欲しがるのでワタクシおっさん一人で一つのお店に買いに行かされて周りから冷ややか視線が気になります…










 日曜日はブラブラと過ごしておりましたがヨメが急に「子供の学習机を買いに行く」と言い出し、付き合っておりました。子供は野郎2人ですので勉強なんかせんって、っていい包めていましたがどうも買わざるを得ない状況に。ポケモンの机カバーで釣って勉強机に座らせようか。






 晩はその足で貝塚蕎原(ソブラ)のほの字の里に風呂に入りに行きました。










 写真 3







 最近、疲れのせいかあまりぐっすり眠ることができないので時間のある時は温泉に行って一杯キューっとひっかけて酒の力で寝る、というのが日課になってきております(笑)

こんなの来た

2014.02.06 (Thu)
 この週末は大阪のフィッシングショー2014ですね~、毎年、行きたいな~なんて思っておりますが












 フィッシングショーに行かなくてもこんなにお金使うのに…











 という、自己批判が頭の中を駆け巡る…















 人がたくさんいるようですので人ごみが苦手なワタクシにはやはり不向きなのでしょうか。さてさて各釣具屋、メーカーともフィッシングショーには力を入れてて協賛セール成るものをやっております。そっちの方が実があるかな。メーカーからはこんなのが届いております。












 写真










 がまかつ社です。何かのアンケートで情報登録されてしまったものだと思いますがちょっとうれしい♪行けませんが(泣)

 行く人があればお渡しいたします。何か粗品がもらえるようですよん。




 | HOME |  Next »