FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

ウキについての考察

2014.02.13 (Thu)
 フカセ釣りを始めたころは磯で使うウキのチョイスにつきましては








 完全なる勘と趣味








 でございました。ここ最近も上記の基本姿勢は変わっていないのですが(結局は勘かよ)その時々でだいたい使うウキ、使わないウキってのがはっきりしてきたように思います。正直、風やら波やらがない場合はどんなウキでもうまく流れれば釣れる、というかうまく流せると思うのですが真冬のように風が吹き荒れる場合やワタクシが行く市江に多いのですが上潮が滑って下は動いていない、もしくは少しだけ動いてる、ってときはちょっと工夫して流さないといけません。














 IMGP1278.jpg








 ここんとこのエースがこちら。釣研の聖帝サウザーLSでございます。「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」でございます。(元ネタわかる人いるのかな…)このウキは最近の小粒ウキブームを逆走する大粒のどっしりとしたウキでサイズでいうとLとLLの中間ぐらい、って感じ。市江ではどうしても風が吹くと横風を受ける感じになるので糸が風にとられても多少は耐えるどっしりウキが必需品。ただ、欲を言うときっちり長ハリスを入れ込んで小粒ウキで釣れるようになれば釣果も上がると思うのですが










 リーマンの釣行ペースでは習得が難しい…













 IMGP1281.jpg






 上のトーナメントα、グラビティ、トーナメントゼクトなどが使いこなせれば楽しいんでしょうね~とは言ってもやっぱ難しいのでウキポーチには














 IMGP1279.jpg










 左、ファイアブラッドコアR、普通のコアR、そして下、最新の藤原ウキです。特に藤原ウキは値段は張りますが情報量がとても多くてちょっとした流れやらヨレやらで忙しなく反応しますのでパイロットウキにはちょうど良いですね。潮が読めるというか。情報量が多いっていえばコチラ











 IMGP1280.jpg















 爆風の定番、ツインフォースです。水中ウキを使えばいいのですがなぜか水中ウキはとても小さく作られているのが多くて買う気になれないので親子ウキに留まっております。普通の00とかのウキと余浮力のあるウキをつけても同じような仕掛けになるのでどっしりと潮を受けるような大きめのマイナスウキがないか物色はしていますが…。ツインフォースの上ウキぐらいのウキでも下ウキがどっしりと潮を捉えていれば仕掛けの操作がやりやすいので小さな浮を使うポイントはやはり、仕掛けの張りと潮掴みなんでしょう~













 目標とする小粒ウキはトーナメントゼクトSなのですが一番大きなコアRと比べると














 IMGP1282.jpg

















 ちっちぇえ~







 このウキを爆風下で操作できるようになるのは至難の業ですね~、出来れば大きな武器になるのでしょうが。ま、今の釣りでも釣れてるからそれでええかな…






 












 
スポンサーサイト



 | HOME |