FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

日焼け

2015.05.09 (Sat)
 普段の磯釣りの場合、寒の時期ということもあり、日焼けはさほど気を使うことはありません。(紫外線は海面の反射で強いらしいので日焼け止めはいつ何時でも塗っています)が、時期を外した磯のフカセ釣りはお肌の大敵の紫外線満載。



 いつもより、日焼け止め増量で塗っておりますが油断するとこうなります。



 IMG_1565.jpg


 



 う、う、腕時計?






 半そで+アームカバーをして釣りしていましたがどうもずれてたところがあったみたいで火傷みたいになっています(泣)春先の紫外線は危険ですな~。釣りしてる時間も長いのでお手入れは入念にした方がいいですよん。

GW2回目の挑戦

2015.05.07 (Thu)
 5月3日に市江に行った興奮冷めやらぬ5月5日、またまた市江に。興奮冷めやらぬばかりかグローブや道具が完全に乾いていない状態での出撃・・・

 今回はzakiさんと釣りに行く予定で最初は「近場でエビ撒きでもしよか」 → 「中紀でキス釣れてるか調査に行こうか」 → 「道混むで~ 」 → 「じゃあ、渋滞上等でどうせ行くなら市江に~」 ってなどうしようもない思考回路で(笑)市江に。


 zakiさんに迎えに来ていただき一路、市江に。Tポートでエサ混ぜ、今日は二人いるのでエサは少なめにしました。港に着き、朝一に常連の大阪のO竹さんに挨拶、O竹さんが「tooruさん、どこ乗るん?ワイら第二四ツ島に戻って来るわ~」っていう会話で今日はあるな、と思っておりました。で、15~20人乗せて出船。







 IMGP1511.jpg


 この景色は~
















 第3四ツ島に渡礁決定~







 ここは寒の時期なら飛沫被りますがこの時期なら大丈夫やろ~、って思っていましたが












 北風なのでバッサバッサ被ります…







 今日は濡れたくないので最初はzakiさんに海水浴をお譲りし、ワタクシは高場で釣っておりました。高場のいつものポイントに仕掛けを入れますがいい感じにならない…いつもと流れが違うのか、エサ取りの動きも散漫でやりにくいです。しかも潮はやや上りなので第3では難しい潮。第2との水道から来る表層流に流されるだけ流して上にサシエを向かせる方法でしか喰ってこないんですな。





 IMGP1513.jpg




 ええ天気なのに弁当船までノー感じ。先日の感じからフカセ気味でしか喰ってこないので強風対策に大きめのウキで00~2Bまでの完全フカセで臨んでおりました。やたらとコッパが喰ってきますが大きいのは下で喰ってるのか掛からず、市江のグレは賢いな。






 IMGP1514.jpg





 唯一マシなのがこの尾長、太っててめちゃ旨そう。こいつは文句なしにキープ、続けてと意気込みますがたまたまええ感じに流れただけで続かん…






 IMGP1512.jpg





 O竹さん、宣言通り、第2に戻ってきますがポツポツでした。






 我々はと言うとなんらかのアタリは有るもののなかなか取り込めない…バラシ連発でダメですな~。









 第3は第2から来る表層流でいつでも良く見えるのですが流れが複雑で難しいですな。ハマる時はハマるのでやはり基本に忠実な仕掛けで臨むのが吉でしょう~。



 IMGP1515.jpg




 もやってる上の景色でフィニッシュ~




 帰りはやはり和歌山~泉佐野で大渋滞、途中、釣具のマルニシによって価格調査。ちょっと眠かったので買い物の思考回路が働かずに何も買えなかった…この時期でも30センチぐらいのグレが釣れるので侮れませんな。もうちょっと小さいクーラーを磯に持ち込んでもええかな、とまたもや物欲が…




 


シャクが壊れた…

2015.05.05 (Tue)
 3日の釣行の際に以前からヤバかったマキエシャクが壊れてしまいました。





 IMG_1564.jpg








 見よ、この漫画のような壊れよう・・・






 竿ケースから出すときにはカップがもうクニャっ、てなっておりました。仕方なしに予備のシャクで釣りしていましたがまきーなの赤シャフトがもったいないので再生することに。

 カップは金属疲労して割れているのでチタンのカップ別売りを購入。扱いが雑なのでステンのでも良かったのですがチタンは縁が鋭くてマキエの中のオキアミをカットするのにもこの縁が鋭いのが有効です。



 IMG_1566.jpg






 予備はベルモントのカップ。容量はMサイズ、今までのと同じものです。ワタクシは特に寒の時期にマキエをカップ半半分ぐらいにしてチョボチョボ撒き続けるのでオキアミが切れるのは非常に使いやすいのです。




 もともとのカップをライターで炙って取り外ししますがどうも下のカーボンもファイアした模様。仕方なく、シャフトごと切り取ってお家で研究。





 IMG_1567.jpg





 ただいま、接着中でまだまだ改造の余地がありそうです。


 

行ってきました、市江、久々編

2015.05.03 (Sun)
 カレンダーを見るともう5月、しかもGW突入ですが仕事を引き摺ってて休みが飛び石に・・・


 いつもならヨメ実家にGWはお邪魔するのですが飛び石とあり、今回は家でお留守番、子どもらがいないうちに片づけやら掃除やら。で、飛び石に合間はもちろんおとなしくしてるはずもなく、5月というのにフカセ釣りに市江に行ってまいりました。


 思えば前回の釣行がマエジマ悲劇の巻で寒グレ終了~していましたので実に3か月ぶり。自身もこんなに釣りが空いたのはなかなか無かったですな。この期間に季節は大逆転しており、気温は30度近くまで上昇、夜明けも早くなってるので朝がつらい…2時に起きて準備して猛ダッシュ。港に着くと車は多いですがお客さんは15人ぐらいか。イカ釣り、底物が中心でしたが私のようなフカセのお客さんもおりました。


 イカ、底物の人を優先的に下してフカセ組に言い渡されたのは






 IMG_1560.jpg


 この景色は~










 第2四ツ島に渡礁決定~





 




 今日は一人で乗れる磯希望でしたが大阪のI立さんと同行。記念撮影しようと思ったら





 デジカメが壊れてるアクシデント…なので今日は写真少なめです(笑)





 IMG_1561.jpg




 ええお天気で昼寝したいところですが四つ島は干潮といえども無事なところは無く、クーラーに座ってうつらうつらしておりました。肝心の釣りはというとまあ、この時期はエサ取りとのお遊戯が定番でして、類に漏れず、シラコダイの大軍、朝のうちは下でグレがエサ取ってるんですが四ツ島のグレは賢いのか、腕が悪いのか、喰わせられず。





 水温は高くて潮色もそんなに悪くない感じなのに活性が低い…そのうちに恒例のビッグババ祭りで毎回仕掛けがボロボロ、作り変えるのめんどくせ。今日はアテンダー1号の入魂式でしたがババの中から何とか尾長30センチを釣り上げ入魂は出来たかな。1号はよく曲がって面白いんですがチヌ竿テイストなのか、ちょっと走られるとパワー不足、ボラなんかが掛っても時間がかかります。1.25号とは別物と思ってよいと思いますが軽くてとても面白い竿なので浅くて根が張ってるような磯以外はメインにもっていってもいいかな~、って感じです。





 IMG_1562.jpg




 尾長はすべてノーガン玉でバチバチ釣法、口太は沈めの仕掛けに喰ってきました。こんなのもまだ居るんですね~。最近、土産として嬉しいのがアイ。以前は匂いがイマイチであんまり持ち帰りしませんでしたが釣ってすぐに散髪してワタと鰓を取っておくといいおかずになります。



 IMG_1563.jpg


 造りもできますがちょっと癖があるので干物か、煮つけが好ましいと思います。市江はアイが多いので散髪用品は常に竿ケースに入れております。





 久々の釣りでしたが時間が長いのと日光浴で疲れた~。でも釣れてありがたかったです。マキエは冬の時期の倍以上(冬の時期はもともと少ないですが…)持っていきましたがエサ取りの養殖に使い切ってしまいました。お財布にやさしくない~



 そろそろ水温も上がってきて夜釣りのイサギが喰いだすんでは?と若が言っておりました。次の潮ぐらいですかね~。
« Prev  | HOME |