FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

指定期間 の記事一覧

開眼したのかそうでないのか

2016.11.19 (Sat)
 17日はええ思いをさせていただきました。休んでよかった~(次の日、仕事溜まっておりましたが…)


 ここんとこ、釣れなかったら竿買うとかの暴挙が出来なくなってきたので持ってる道具でできる限り状況に対応するようにしています。状況が変われば道具が増えるといった悪循環からはようやく脱却したのかと(笑)で、今回、前回と今後の磯釣りにおいて、一つの試験をしておりました。

 それは…












 シモリ玉抜き








 です。スルスル?かって言うとそうではなくて、ひげでウキを止めるなるほどウキ止めでアタリをとっています。






 01.jpg





 あ、これですこれ。結構みなさん持ってるんじゃないかと思うんですが例にもれず、ワタクシも買っておりました。以前にTポートで変なじじいに船の時間があるのにえらく丁寧にレクチャーされて焦って吉丸まで走って以降、使っていませんでしたが去年に口ヶ島に乗った時に同乗させてもらった人が使ってたのを見て触発されておりました。




 口ヶ島に載って以降、去年は爆風下で釣ることが多くて重い目の仕掛けを使っていたのでウキ穴がひげを抜けてしまって使い物になりませんでしたが風が弱い日は試すようにしておりました。



 で、前回、笠甫のほうは比較的、風が弱かったので使ってみての感想






 アタリがソフトに出る?





 ひげが穴を抜けて抜けながら道糸を抑えるのでダイレクトにウキが沈まないのででしょうか…、サンコアタリやババアタリでもウキがすっ飛んでいくようなアタリは少なかったように思います(少なかっただけでやはり、えげつないアタリはありました)。えげつないアタリが来てもウキ止めが移動していなかったので道糸に与えるダメージは少ないものと思います。高切れ、減ればいいなあ~ぐらいで使うようにします。ウキ高いですもんね…





 心配だったのは錘負荷を掛けていくと知らんまにひげが抜けてしまうんじゃないかということなんですが










 抜けてもスルスルなので問題なし








 いや、まあ、トーナメントとか出るんだったら問題ないこと無いけどプライベートで晩のおかずが釣れればいいやって釣りなら十分でしょ。こうやって解説していますが実は目が見えなくてシモリ玉に糸を通せなくなってきている自分がおります…








 ま、どんな仕掛けでもウキにアタリが出てシューっと視界から消えるグレのアタリは何度見てもよいものですね~。ブチューって音鳴るぐらいのアタリも面白いですけどね~








 次回も楽しみです。やっぱ磯は面白い!




 





 

 
スポンサーサイト



 | HOME |