FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

市江・晩の部

2013.06.11 (Tue)
 昨日は昼の部のアップで力尽きてしまいました(笑)

 いつも昼の部に熱中しすぎて晩の部の用意が遅くなって夕方の時合に間に合わなかったので早めに準備しました。この時期に夜釣りに行くのが初めてなので夕方になるのが遅い遅い・・・晩の部、潮止まりから動き始めた頃でしょうか、先制したのは隣で釣ってたタロキュアさん。が、深いタナで掛けたのかどうしようもない感じでプチン。この日はマイルドなアタリが無く掛かったらとんでもないモンスターで姿形見ることなく即死パターンが多かったです。


 その次もタロキュアさんが掛けます。ウキが沈んでいくのをワタクシもきっちり見ていましたが(釣りちゃんとしろよ)エエ感じでシューッと入って行ったのでグレか、イサギかな?と思ってたら





 ドギャーーーーン






 いきなり沖に走り出しました(汗)気づけばウキが遥か彼方に。走り方からしてタマミっぽい。しかし竿の操作が良かったので根に巻かれる事無く浮いてきていたのでコレは獲れるんじゃないか、久々にそう思えるやり取りでした。後はじっくり巻いて来て~、とハッパ掛けますが






 ぜんぜん巻けません~







 テンションが上がっているのでなぜか2人でゲラゲラ笑いながらやり取り(笑)まあ、浮いてたからそのうち寄って来るやろ、と思っていましたらモンスターは右の根に巻こうと動き始めます。










 右に走ったで~














 

 タロキュアさん、巻かれないように強引に引き戻しますがモンスターはそれ以上のパワーで右に移動中、と思ったら















 また走った~
































 今度はタロキュアさんがぁぁぁぁぁぁぁ~














 魚が右の根に巻いていこうとするのでタロキュアさんも負けじとありえん速さで磯の上を駆け巡ります。カール・ルイスの若いときのような身のこなしで器用にポンポン磯の上を掛けます、タロキュアさんが(笑)

 この根性ならホンマに取れるかも。本人は竿だけ持って駆けて行きましたので魚が浮いたときにタマが無いのは殺生なので私も負けじとタマ持参でカール・ルイス並に走って現場に到着。







 しかし、根に入られたのか動かなくなってしばしの沈黙。緩めてたら出てくるんちゃう?とか言ってみますがどうも無理っぽい。そのうち、根に擦れたのかプチンと切れてエンド。うーん、今のはホンマに惜しかったなあ~




 


 2人とも引きずられっ放しでしたのでそろそろ癒し系の魚が欲しく思っておりました。暴力的なんはもうええわ~、とか言っていましたら暴力的なのもなくなってまいりました(泣)暇なので一度是非に聞いてみたかった事をタロキュアさんに思い切って聞いてみました。






















































 タロキュアさんの名前の由来ってなんですか?
 




















 釣りと全く関係ないですがリンク当初から非常に気になっておりました。釣果がお寒いのでちょっとでも得られるものを、と思って思い切ったのがこの質問(爆) しかし、タロキュアさんは真摯に受け止め(笑)教えてくれました。うーんスッキリ。コレで釣りにも集中できるってモンです。

 その後は黙々と釣り続け、ドラマはワタクシに!!上潮の早いのが落ち着いたなあ、と思った矢先にウキがスゥ~、と沈んでいきます。このアタリは本命?見えなくなったところでアワセをくれてやると










 ドッカァァァァァーーーーーーーン
















 コ、コ、コレは何度も夜釣りでバラした事のある手ごたえ、竿を叩く独特の感触、グレと見紛う様な体形、ジャイアントババチンに違いない。しかし、ここは魚の顔を見ておきたい、ので強引ゴリ巻きではなく竿で止めに掛かります。しかし止まらん~、ココも糸は一寸とも遣らないつもりでしたがあまりのスピードに竿が棒引きのようになってしまったので少し出して竿尻を地面に付け、そこを支点に耐えましたが














 ぷっちーん
















 バックドロップ寸前…(汗)サルカンの結束からキレイに切れておりました。棒引きの際に仕掛けをこれ以上強くすると竿ごと持っていかれるなあ~、と思いながら更に仕掛けを強靭に(笑)しますがその後はマンダムタイム。ハタンポすら釣れません。タロキュアさんとも「暴力的なのもたまにはええなあ~」とDV容認発言のようなのも飛び出しましたが本当に何も無く終了の時間になりました。





 今回は半夜で挑んだので体は非常にラクチン、釣る時間も思ったよりは短くなく(釣れてればもっと釣りたいと思うはず、ですが)ちょうど良い感じかな、と思いました。エサの持ち込みもそう多く取る必要が無いので良いかな、と思います。通しでも日が変わってからは寝てる事が多いですし(爆)


 帰り、zakiさんに運転してもらいながら横で半死状態で同乗、運転ありがとう、お陰で次の日のハードワークにも耐える事が出来ました。


 今回は本命の顔を見れなかったので次回こそ、必ず。











 リベンジ必至です。




 
スポンサーサイト



コメント

No title
まいどっ お疲れ様でした。
暗くなってから振り向くとハイテンションのお二人が居て、ちょっとビックリでしたが「磯を駆ける」の直後だったんですね。納得です。
私はタロキュアさんの正式な由来?は知りませんわ~(聞いたけど忘れた?)
台風が過ぎたらリベンジに参りましょう
No title
こんにちは!

この日は伊古木の地磯でしたがダメでした
渡船で伊古木大島に渡っていた人も釣れている様子はなかったなぁ~
お互いリベンジですね!
zakiさん
ども、まいどです。
いきなり走って行ったんでホンマに「魚に引っ張られてバランス崩したんでは?」と心配になりましたよ~もう少し強引に行けば獲れたかも。ま、獲れない魚が掛かるのも夜釣りの魅力ですね~

リベンジ、行きたいですね~。メタルハリス、導入ですか
なすびんさん
ども、まいどです。
この日、昼のうち潮が非常に早く上ってたらしく釣りにならなかったようですが晩からは沖だけ上ってて磯の周辺は引っ張れることなくゴミだけが溜まってたみたいです。やっぱ、潮が重要ですね(と思うようにしております。)

近いうちに行っておかないと頭がヒートしそうですわ(笑)
こんにちは~
まいどです。

残念ですね~
モンスター退治なりませんでしたか。
リベンジ頑張って下さいね。

私も行きたい~!
サク次郎さん
ども、まいどです。
モンスターの顔も見られなかったんで非常に残念でしたわ~、しかし釣れてるところ、釣る人はちゃんと釣ってるので居るのは間違いなし、と思います。

また行きましょう~

管理者のみに表示

トラックバック