FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

こそこそと。

2008.06.15 (Sun)
前回の釣行で味を占めて本日も出動。

 ヨメに3時間だけ許しを得たのを良いことにキス釣りへ。

 3時間だけとはいえ、出撃してしまえばこっちのモンなんで
思い切って小浜に行こうか(和歌山のですよ)と思っていたが
ナビの案内に出てこない(ヨメの軽→罠か?)ので断念して前回の女の浦へ。

 前回良かったところに行って2回目も良かった試しがないのでいやな予感がしてたが人が今回は多く(とはいっても3組でしたが)いいんじゃない?

 早速新しく手に入れた修理した並継のスピンパワーに同じく新しく手にいいれた新品のスピードキャストをセットしオモリ30号PE0.6号をブン投げる。

 今日は指サックも忘れずに持ってきたのでフルキャストできる。→感想:オモリが落ちてこない…、飛んだっきり。

 エライ飛んでるんちゃうん…。7色目出切ったところで着水、糸フケとっても7色完全に飛んでる…

はじめてや・・・


 いままでどんなにフルキャストしても6色目までやったんがほかの人のHPチェックとタックルでこんなに違うとは…。オモリが胴にのっとる感覚や上空に向けてオモリが飛んでってる感覚がなんとなく分かりました。
 あとはフォームチェックなどしてくれる人がいたらもう少し伸びそうな予感。8色も夢じゃなくなってきてコレは嬉しいが、巻き取りはエライ大変。まあ、常にそんな遠方にキスがいるわけではないので他人が釣れないときのアドバンテージぐらいに考えときます。

 肝心の釣果はというと・・・

 ピンしかおらんなっとる…


しかも多点仕掛けやのに1匹づつしか・・・
群れは完全にどっかに行ったようです。最後のほうはオモリだけ付けて遠投練習。練習でコンスタントに7色目まで出るようになったしコントロールもよくなった予感。HP偉大です。魚は…ハリのまれ以外は全部リリース、クーラーの中身も隣で釣っていた親子にあげてきました。

 挙句の果てに帰る準備してたら浜にスピードキャスト落としてまうし。ヒサン。砂まみれ。

帰りにこんなの買って帰りました。
>

エアーダスター。浜の砂ってなんであんなに取れないんでしょ?すぐに砂が取れるような素材のリールとか出んかな?って普通の人は落とさないか…。

 時間が無いとろくなことが起こりませんね。またゆっくりと攻めることにしようか。まあ、今回は遠投練習できたんで収穫ありですかな。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック