FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

厳しい市江、最終戦?

2018.03.19 (Mon)
 18日(日)、市江に行ってまいりました。日曜日なので誰か遊んでくれる人は、っと…





 みなべ町にお住いのQ師匠~




 前日も釣りに行ってたみたいで、付き合ってくれてありがとうございます。Qさん、実は先日、50UPのグレを出雲で釣ってしまったいわゆる「もってる人」なのでございます。






 市江の港で集合、久しぶりに会いますが大学の同級生なので全く気兼ねなし。市江も久しぶりなので若に挨拶してお父ちゃんの船に乗り込み、いざ出船。最初、口ヶ島、カブトと順調に磯付け、波もないので四ツ島もつけて、どこに乗るんだろうな~、と思ってたら次は下磯(カサボ)に。






 おとうちゃん「○○さーん、おらんかったか~」


 T「いてます…」


 おとうちゃん「オオハのハナレか、○○どっちがよい?」



 ってなことで








 八十あらため、アキリに渡礁決定~





 RIMG0425.jpg






 オオハのハナレは直感的にダメだと思ったのでカサボの磯チョイス、東の風で波もないのでこりゃ、釣り日和(と、この時点では思っておりました。)風向かいの船着きと港向きの両方に分かれて釣り開始。






 RIMG0427.jpg









 50UP釣った人はこんな感じです。普通のおっさん。だが持っております!








 早速、釣り開始しますが風向かいのワタクシのポイントはエサ取ります。水温下がってるけど、浅いタナで喰ってるのかウキにアタリが出ません。ちょこちょこいじってアタリが出るように調整。きちんとアタリが出て






 RIMG0426.jpg






 ちっちゃいけど良く引いた、コッパ尾長グレ。師匠に確認したら今日はキープしといたほうがええで、ってなことですからスカリに投入。サイズアップさせようと努力しますがどうも一緒のサイズばっかり。晩のおかずに何枚かキープしていくうちに潮がタルクなっていく…




 タルいと東風で上潮が滑って難しくなります。沈めたら沈みっぱなしの難しい潮。師匠は特大ババチンやらへダイやら釣っていますがグレは釣っていないので今日はもらったかな~、と思いきや、朝一以外は生命感なし。時たま、ボラが突きますが狙うと釣れないものですね。





 と、いうことで弁当待ち、弁当受け取ってしばらくしたら







 がっちゃーん







 あれ?何の音?なんと、剛腕ピトンが倒れて荷物がピトンの下敷きに。無くなったもんはないかな~、と思ってたら











 RIMG0428.jpg







 スカリ、ぷかぷか~









 ちょうど弁当配ってたのでキャッチしてもらって一件落着、10枚ほど入ってれば言い訳もできますがコッパ尾長だけなので恥ずかし~、若に船を余計に動かしたからお土産釣っといて~、とかマイクで言われるし…。どうも留め具をピトンにひっかけてあったので倒れた拍子にすっ飛んで言った模様。思えばこのスカリも何度も」流していますがその都度、救出されてすごい生命力です。





 さて、弁当でも食うかと2人で全く釣りとは関係ない会話をしながら昼食タイム、すでに雰囲気がない状態なので2人とも集中力のかけらもないです(笑) このころになると下げの潮がものすごくて急速に水位が下がっておまけに東風+南からの軽いうねりで浅いアキリの周りは真っ白け~、まあこの海底の変化があるので魚影も濃いんでしょうけどね~。洗濯機状態で近場は釣りにならなくてウキが見えなくなるぐらい2人で遠投してやっとのことでワタクシも口太グレ30センチぐらいかな~、遠~くでヒット、真っ青なグレだったので2枚3枚続くかと思いきや、釣れません(泣)





 その30センチのグレをスカリに入れようと降ろしてあったロープを手繰ると








 アレ?軽くね?








 なんということでしょう、金具とロープをつないでるスリーブが外れて















 またもや、スカリ、プカプカ~

















 いやー、2度目はかなり恥ずかしい…、Q師匠もゲラゲラ笑っております。くそー(笑)木っ端しか入ってないし、釣れる場所は分かったしもうスカリぐらい海の藻屑となれ~、と思いましたが電話してとりに来てもらうことに。









 RIMG0429.jpg








 2度目は大島に向いて流れていきました…







 船頭に渡船代倍払えとか茶々入れられる始末(笑)あんまりバッカンとか流したことないですが市江ではスカリを何度も流しております。そろそろ買い替えようかな~、どこで買ったかわからないんですが使いやすいのでもうちょっと修理しながら使うかな…

 このスカリを漬けてたらいつ流れていくか気持ちが集中できないのでQ師匠のブクブクを発動させて居候させていただくことに。この辺ではもうスカリも波にもまれて魚が死んでたのでちょうどよかったです。



 RIMG0431.jpg

 半分死んでても尾長はやっぱり強いですね。数分後には元気に泳いでいました。口太は臨終しておりました。





 かなり凹んで気持ちをリセットするために除けてあった残りの餌をバッカンに混ぜ後半に備えようと準備してたら










 RIMG0430.jpg








 OBしてもた











 うーん、続きます(笑)これもだいぶん笑われました。








 結局、弁当以後はキープするしないぐらいの木っ端が釣れただけでやはり厳しい釣りになりました。まあ、久々に釣りができたし、変なウネリがあったけどアキリは南の波には強く(潮切れ抜群)波も被ったりもしなく天気も良かったし釣れたので良しとしましょうかね。







 家に帰ってグレを捌いていたらやはり水温が低いからか、全部内臓脂肪を貯えてて非常に旨そう。厳しい中釣れたので値打ちもありますね~、水温は低いとはいえ、春先独特の変な潮なのでもうちょっと釣れるのは釣れそうですが寒グレとしておしまいかな~、とも思います。(とはいえ、まだまだ行きますが)




 帰りに梅干し屋のQ師匠から土産をもらい意気揚々と高速に乗ったら







 印南~広川13キロの渋滞…





 なかなか過酷でした。
 


 




 







 


 
スポンサーサイト

コメント

No title
こんちは~
久々に事件?満載の釣行だったようですね。
笑わして頂きやした。
私も1回、スカリ脱走を目撃(第二やったかな?)
しましたが、何回も帰還するので縁起が良いのでは?
お守り代わりに持っていきましょう。

弁当船まででジアイ終了とは厳しいですね
またいきましょう。
No title
こんにちは!
スカリ事件・・・笑わせてもらいました
僕も昔 一度だけやらかしたことがあります(沖磯で渡船に救出)
地磯ではないのですが、波で弱った魚を見ると
キーパーバッカンの方がいいのかなぁ~と考えてしまいます
なかなか状況は厳しいですが、次回楽しみにしています
zakiさん
まいどです~
考えようによっては縁起の良いスカリですね。まだまだ利用するようにしましょうかね~。
もうちょっとどうにもならなければPE発動させようと思ったんですがナイロンで通しました~
なすびんさん
ども、まいどです~
何度も流しているスカリですがなぜか幾度も帰還…、スカリも魚が傷むので気になりますが時間も短いしもうええかなっと。

キーパーバッカンは水汲みしてる労力が、徒労に終わることがあるのでそこがイマイチ…

管理者のみに表示

トラックバック