FC2ブログ

岸和田発 磯釣り研究会

釣り自体の研究はしていませんが釣りを楽しむ研究は熱心です(笑)

衣奈~カンドリ~坂田渡船

2008.11.03 (Mon)
本日3日は待ちに待ったあやねパパさんhttp://plaza.rakuten.co.jp/ayanepapafishing/
とのコラボレーション、衣奈の沖磯、名礁カンドリに乗れることに。

めちゃうれしいス。

行きしな、貝塚のTポートでパパさんに頼まれてたボイル、ワタクシのボイルを受け取り車に積むが何か忘れてることに気づく。

あ、タオルや。

 海釣り、特にエサ釣りでタオルが無いのは致命傷なので取りに帰る時間も無いのでTポートで買うことに。ショボイタオル2枚300円、完全にボッタクリ商法だが背に腹は替えられないのでしゃーなし。あと、前日の電話でのパパさんの囁きを忘れることなく、アオイソメ300円もしっかりキープ。

 一路、衣奈へ。

 高速も空いていて1時間程度で到着、そのまま仮眠。だが3時ごろから外でガヤガヤしだして(アオリ部隊)なかなか眠れず。そんなこんなで約束の4時、あやねパパさん登場、オハヨウゴザイマス、っと。

 聞けばココの渡船はめちゃアバウトらしく、5:30出で聞いてても気分次第で4時代にあげることもあるらしいので急いで支度。何度かアオリ部隊を運搬後、カンドリ部隊渡船、出発。事前にパパさんがカンドリの中でもカミという磯で話を付けてくれてたらしくカミに上がることに。カミ、大きさはさほど小さくないんですけど平らな部分がほとんど無くしかも真っ暗闇なので慣れるまでは正直めちゃビビってました。腰引けてたと思います。しかも後で出てくるトラップも満載の磯なので気が抜けない。
 
 ま、そんなこと行ってても仕方ないので準備に掛かる。ピトンガチガチ、玉網、エサ、バンバン撒く、仕掛け作り、いざ投入、は良いんだが真っ暗闇なのでウキもヘッタクレも無いので秘密兵器アオイソメいきなり投入。ハリの上20センチほどのとこに3Bのガン玉をかまして仕掛けをはって脈釣り。イソメちゃんは伸びたまま、海底へ。

 するといきなり1投目から竿をひったくるアタリ、あまりに突然やったんで竿を伸されかけたがそこは1.5号、なかなか伸されませんよ。抜こうと思ったが思いのほか大きく、いきなり玉網出動、んでサイズ確認したら

 最高記録(後に暫定になるのだが)達成や~ん!



 うひひ、今日は貰ったかも。

 だんだん明るくなってきて磯の状態も分かり始め何とか釣りになってくる。明るくなると同時にエサ取りの猛攻、2人ともボイルやのに歯が立ちません。厄介なアジ、タカベなどの足の速いエサ取りはいないもののオセン、タイガース、ウリボウ、キタマクラと言った代表選手が勢ぞろい。しかもフカセ場はこの周辺しかほぼ無いらしく、エサ取が待ち構えている。云わば居付きの年季の入ったエサ取りたちである。

 配合持ってれば遠投で本命にマキエが撒けるのだがボイルなんで距離が出なく、散漫に巻いてたような気がしますね。ボイル難しいですね。同調してるような感じも持つのでそれなりに良いのでしょうがエサ取りの分断はやっぱり配合のほうに軍配が上がるようです。パパさんはV9ミックスして遠投できるようにしてたんで次からはボイルに配合混ぜてみよ。

 エサ取りの下はコッパ地獄らしく、ちょっとサシエが届いたら手のひら大の奴がウキをキュイーンって持ってってくれるので楽しい。その他の魚も暇にならん程度に釣れるので良い感じ。ただサイズアップは今日は望めなさそう。2人で必死にサイズアップを図るがことごとくコッパ、コッパ。潮が良い時分にちょっとマシなやつが釣れるときもあり、それらはキープ、2人で結構釣りましたね。

 時折サンバソウ


なども顔を出し、退屈なし。

 パパさ勇姿


パパさんはコンスタントにアイ、持ち帰り出来るぐらいのグレを釣ってましたね。ただ今日はパパさんもエサ取りには閉口やったようですよ。ちなみにこんなに近くで写るぐらい小さな磯なんです。結構ツルってるし。

 ドラマが無いまま、時間だけが過ぎ、5時で納竿、ボク、通しで磯釣りしたことが今まで無かったので初めての経験。いつもは暴風、うねりで途中退場を余儀なくされてたので5時30分ぐらいから17:00まで、しっぽり釣ってきました。

 お土産もそこそこあり、帰ってからグレは造り、松皮造り、サンバソウも造りでいただきました。アイゴと残りのグレはうちの親の実家で干物となる様子。

 ん、あのでかいグレ?どうしたかって?


落としましたよ、穴ぼこに!

 この穴はナイストラップでボクのハリス2号も消えていきました。途中、このグレを救出することも試みましたががっちりロックされているらしく、あえなく諦めることに。ボクの最高記録が…

 いや~、坂田からグレで磯に上がる人は少ないらしく、1級磯のカンドリのカミも上げてもらえて本当に今日は良い経験をしました。しかも楽しくやらしてもろたし。
 あやねパパさん、いろいろ教えてもらってどうもありがとうございます。朝一のあの事件で本日、妙にボクのテンションが高く、うるさくて釣りに集中できなかったのでは?すみません。いつもは結構じっと釣りするタイプなんですよ。またお見せします。

 また行きましょうね。よろしくお願いします。

家に帰ってきてから渋滞と道具の洗浄と調理でヘトヘトです。あのテンションだったので明日、仕事の体力がのこっているのか、いざ人体実験です。
スポンサーサイト



コメント

おはようございます!!
前日電話で囁いたイソメほんまに持ってくるとは・・・・
ただ朝いつも暗いうちに渡磯できるので
暗いうちはイソメで40オーバーの可能性も
でもそんなすぐには釣れないだろうと思ってたら
イソメでいきなりのデカグレ推定35cmぐらいでしょうか
逃げた?魚はデカイですわ(笑)

めっちゃ楽しい一日でした!
でも妙にテンションの高い一日でもありました(笑)
また一緒に釣行しましょう!!
今度はくまちょの旦那さんも誘って!!
グレ可哀想(笑
岩場に落としたグレ・・・めっさ無残ですやん(笑
もう今頃カリカリになってんちゃいます?(笑
あやねパパさんがメールで謎の言葉残してたんは、コレのことやったんすかね?

しっかし35cmは羨ましいなぁ~;;
えぇなぁ~;;
私はボラとチヌしか・・・orz

No title
良いサイズのグレですね。
やっぱ、沖磯はいいですね。
あやねパパさん
いやー、どうもありがとうございました。
 あのテンションでゆっくり釣り出来なかったんでは?スミマセン。普段はもう少し釣りに真面目ですので。

 坂田渡船、ええとこ教えてもらいましたわ。朝5時の真っ暗闇に上げるアバウトさと夕方も5時の気の長さに脱帽です。あの速さやと坂田の客同士でのカンドリ(カミ、シモ)の取り合いぐらいですよね。近いのになぎ丸に行かない理由が分かったような気もします。

 次回ももちろん最終兵器イソメちゃん持参で(笑)
 エサがいるときはTポートで仕入れていきますのでそのときは声賭けて下さい、ってくまちょの旦那さんらにもエサ頼まれたら『ボイル7枚おくれ!』とかすごい奴と思われそうで楽しみなんですよ~。

 ではまたよろしくお願いします。お互い抜け駆けなしですよ~(笑)
くまちょの旦那さん
 渡礁20分ぐらいの出来事で、落としたとき、『オレのバカ~』みたいになってたと思います。パパさんに写真撮られてなくてよかったですわ。たぶん、傍からみたらめちゃかっこ悪い状態やったと想像できますんで。救出劇もビデオとか撮られてたらかなり恥ずかしい格好になってたんで見られなくて残念ですな。(落とした本人が一番残念なんですけどね) パパさんと『次にカミに上がるときは白骨化してるやろ』って笑いながら話してました。

 また本当に3組コラボ実現したいすね。あのロッド、リールが見られるのん、楽しみにしてますよ~。
 
シーバス親父さん
 地磯、沖磯ともにフカセは本当にオモロイ釣りですよ。どっぷり嵌ってます…。

 自己記録が暫定記録でアクシデントのため持ち帰れなかったのがとても残念ですがまたリベンジしたいと思ってます。

 次回、沖に行くまで地磯で修行します。坂田渡船が思った以上に便利&手軽なのでシーズン本格的に入ったらどういうことになるか、心配なんですが。

管理者のみに表示

トラックバック